容量無制限・無料で安全に大容量ファイル転送

 
宅ふぁいる便 > 連載企画TOP > 大型連載企画 仕事人インタビュー 私の職務経歴書


インターネットは
「人間」のためにあるもの

仕事インタビュー 私の職務経歴書

第49回
インターネットの父・村井純の場合




さまざまな分野で活躍する一流の“仕事人”にお会いし、
その人ならではの「職務経歴書」を作成するまでのロングインタビュー。
今回、登場するのは、慶應義塾大学環境情報学部長・教授の村井純さん。

1970年代から「世界中の人と人をつなげる」ということを理念に コンピューター・ネットワークを研究し、
インターネットの誕生と普及に多大な影響を及ぼした第一人者の一人。
日本では「インターネットの父」、海外では「インターネット・サムライ」
としてその名を知られる人です。

今回、KADOKAWA&ドワンゴ経営統合記念企画として 「角川インターネット講座」が開講され、 2014~2015年にかけて全15巻に及ぶ書籍の刊行と、 それに連動したリアル講座が開講されます。

村井さんはシリーズ全体の代表監修をつとめ、 また2014年10月に発売された第一巻『インターネットの基礎』の執筆を担当。 講演なども行っています。

そこで、著書にも書かれているインターネット黎明期の話を ここで改めて聞いてみました。

今や、誰もが当たり前のように使っているインターネットという 社会インフラがどのようにして生まれ、広まっていったのか、 そしてこれからどうあるべきなのかといったことについて、 あれこれ聞いてみました。

プロトコルやウェブといった専門用語を知らない読者もためになる、 インターネット誕生秘話に耳を傾けてみませんか?


The following two tabs change content below.