俳優 山西 惇の場合

このエントリーをはてなブックマークに追加

技術とか能力以前に
人生そのものが
仕事に活かされる

仕事インタビュー 私の職務経歴書

第92回
俳優 山西 惇の場合




さまざまな分野で活躍する一流の“仕事人”にお会いし、
その人ならではの「職務経歴書」を作成するまでのロングインタビュー。
今回登場するのは、俳優の山西惇さん。

ドラマ『相棒』シリーズ(テレビ朝日系)の角田六郎課長を 長きに渡って演じ、多くの人に知られる存在ですが、
京都大学在学中に劇団「そとばこまち」で活動を開始した ベテランの舞台俳優でもあります。

今回、そんな山西さんには劇団時代のエピソードや
2018年8月~9月に上演される舞台『宝塚BOYS』の意気込みなど、
いろいろ聞いてみました。

今ではテレビや映画、舞台などで幅広く活躍している山西さんですが、
これまでのことをふり返ると、さまざまな紆余曲折があったといいます。
俳優という1つの道を極めてきた山西さんの言葉には、
きっと多くの学びがあるはずです。