脚本家・演出家 三浦大輔の場合

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分にしかできないことを
いつも追い求めてきた

仕事インタビュー 私の職務経歴書

第87回
脚本家・演出家 三浦大輔の場合




さまざまな分野で活躍する一流の“仕事人”にお会いし、
その人ならではの「職務経歴書」を作成するまでのロングインタビュー。
今回登場するのは、脚本家、演出家の三浦大輔さん。

演劇ユニット「ポツドール」の主宰者として
小劇場を舞台に多くの問題作を世に問い、注目を浴びた演劇人ですが、
近年は『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(2010年公開)をはじめ、
岸田國士戯曲賞を受賞した自身の出世作『愛の渦』(2014年公開)などの 映画監督としても活躍している三浦さん。

そして、2018年3月にはBunkamuraシアターコクーンにて
オリジナル戯曲による新作『そして僕は途方に暮れる』が上演されます。

今回は、演劇に出会ったきっかけから、
ポツドールで試みてきた試行錯誤の歩みについて、
そして今回の舞台への意気込みまで、あれこれ聞いてみました。

読めば元気になる、迫真のインタビューです!