もやもやの正体(ソニンの連載)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「なんか今日重い感じがしますよねー」
「ほら雨で気圧が低いから」
「ですねー」
仕事場での会話だ。

なんか今日はいつもより体も重いし、気分も重くってテンションが上がらないような気がしてモヤモヤする。 それには何かしら原因があるはずで。

そういう原因探りを、同じ役者として、毎日ステージの本番を同じクオリティで仕事するには自分のコンディションと向き合わないといけないから自然とするのだ。

【どんなときも、プロの仕事をしなければならない。】
プライベートで何があっても、上司が苦手でも、同僚とウマが合わなくても、 自分が気の向かない案件でも、何故かやる気が出ない時も。

そう、最後の何故かがわからないのが一番タチが悪くて、それが最大の“モヤモヤ”を長引かせるものであろう。

ただ、その“何故だか”というのには必ず原因があって、それを追求することが、抜け出す策だと私は思っている。
では具体的にどうすればその原因にたどり着けるのか。

そもそも、モヤモヤする事自体に自責の念をもってはいけないと思っている。人間だもの。モヤモヤすることは当然ある。モヤモヤして良い。世の中グレーゾーンが一番広いって言うじゃないですか。

がしかし、それを踏まえた上でも、お金を頂いて仕事する上で「なんだかモヤモヤしてる心中ですので、お許しください」は通用しないのが世の中の社会なのである。