このエントリーをはてなブックマークに追加
クリックして拡大

『ジャーマン+雨』『ウルトラミラクルラブストーリー』など衝動を爆発させたようなエネルギッシュな作品づくりで人気の横浜聡子監督。近年は短編が続いて いた横浜監督の、7年ぶりとなるまさしく「待望」の長編映画が、安田顕主演、戊戌井昭人原作の『俳優 亀岡拓次』(公開中)だ。

ヤクザもの、時代劇などあらゆる映画に欠かせないバイプレイヤー、亀岡拓次(安田顕)。彼のさまざまな現場での仕事ぶりを追いながら、オフのときに飲み屋 などでポロッとこぼす素顔をおさめた物語。さながら、ひとりの俳優に密着した“情熱大陸”…と呼ぶには没個性に徹していて淡々としているが、ルーティン的 な日々、そして監督から与えられた演出を忠実にこなす亀岡の職人的な日常に興味がわいていく。

「亀岡さんのような俳優は、監督としてはやりやすいです。というのも、こちらが言ったことを真っ直ぐに受け止めてくれそうだから。普通は、役者さんも演じる上で考え がありますし、意思疎通が何よりも難しいんです。これは本作の撮影・鎌苅洋一さんが話していたことですが、監督がどれだけ論理的に役芝居について言葉で説明をできたとして も、役者には雰囲気が伝わることでしかない、と。確かに、言えば言うほど役者との距離が遠ざかることもある。どうして欲しいか、それを伝えることに多くの 監督は四苦八苦しますし、だからこそ亀岡さんのような俳優は“やりやすい”かも知れません」

横浜監督はこれまで、一般的にまだまだ知られていない俳優や、演技経験が少ない、もしくは素人に近い人など、プロの役者以外も積極的に起用してきた。

「もちろんホン(脚本)にもよりますが、素人に近い人を使う理由は、クセがついていなくて、歩き方ひとつにしてもすぐに修正ができる。無骨さがいいんですよ ね。ただ、高望みはできない。それこそワークショップのような実験的な場でじっくり芝居を練っていく時間があるなら別ですが。一方でプロの役者さんは、技術力に長けているから、芝居の範囲 が広くて、いろいろなことが試せます。どちらも映画にとっては長所だと考えています」

ワークショップのような形、という言葉を聞いて、「俳優のあり方」について思い浮かんだのが、濱口竜介監督作『ハッピーアワー』。演技経験があまりない男 女たちが、即興演技のワークショップを受けて、その後の撮影に挑み、役を演じ切った。5時間17分の傑作。驚きの表情など、プロの役者では出せない生々し さに魅せられていく。

「私はまだ『ハッピーアワー』を観ていないのですが、キネマ旬報(2015年12月下旬号/キネマ旬報社)の濱口監督のインタビュー記事で、言葉や台詞の 発し方についてお話しされていて、決してナチュラルな芝居を求めているワケではないんだろうなという印象を持ちました。むしろ、それを超えるフィクション な部分を狙っていると、想像しました。私自身、最近、ナチュラルな演技はあまり好きではなくて。役者さんが言いやすい言葉ってあると思うのですが、でも台 詞を役者に合わせていくのではなく、台詞を自分のところにたぐり寄せて欲しい。台詞回しが自然に聞こえなかったとしても、その不自然さこそが映画のおもし ろさ。自分の中にない台詞を、どう表現するか。だから最近は、ナチュラルは好きじゃないんです」

亀岡拓次は次々と映画の現場に呼ばれる。実際、そういう引っ張りだこの役者は多い。でも逆を言えば、どんな役でも任せられるマルチな俳優が見つかりにくくなっている。

「決まった役者さんを使うのが主流になっていて、若い人や経験の浅い人を試す機会が確かに減っています。私もそういう状況に責任を感じているんです。無名 俳優を見つけるのは好きだけど、でも見つけ方が分からない。ドラマを観て、脇役に注目したり、舞台へ行ったり。でも、その程度しかできていないんです。そ ういう意味では、園子温監督はすごいですよね。無名の役者さんを見つけてきて、積極的に使い、しかもヒットさせている。人を育てる能力をお持ちなのだと思 います。私も、おもしろい俳優ともっと出会っていきたいです」

『俳優 亀岡拓次』は全国公開中
◇公式HPはこちら


取材/文・写真 田辺ユウキ(映画評論家)

The following two tabs change content below.
田辺 ユウキ
田辺 ユウキ
1979年生まれ。関西を拠点に映画評論家としてレビューやインタビューの執筆ほか、また映画と音楽のプロモーターも務める。2014年に大阪市映像事業「CO2」プロデューサー就任。「大森靖子映画祭」「いずこねこ 最後の猫トーク」などイベント企画も行う。