このエントリーをはてなブックマークに追加

 子供と下町歩きシリーズ、なんて、勝手にシリーズ化していいのかわからないけれど、またまたベビーカーに息子とマザーバッグを搭載して、今回は東京メトロ千代田線の根津駅から徒歩5分で動物園へとやって来た。

「えっ、根津に動物園?」と、ふしぎに思われる方がいらっしゃるかもしれないが、実は上野動物園の最寄り駅は、この根津駅なのである。(根津駅2番出口から上野動物公園池之端門までは約400m。JR上野駅公園口から上野動物園表門までは約450m。地下鉄の出口から出てくると更に遠く、長い坂道を上がってこなくてはならない。モロオカ調べ@Google Maps)これから、パパやママには子と過ごす動物園での一日というハードな闘いが待っている。しっかり楽しい思い出を作るためにも体力は必要。体力温存にはこちらがお勧めだ。

 というわけで到着した池之端門。すべての小学生以下の子供は無料のため、大人ひとり600円のチケットのみを購入し園内へ。不忍池のすぐ脇のこちらの門は、表門の「上野動物園で~す!!デデ~ン」という派手さはないが、入ってすぐにベビーカーの貸し出しコーナーや授乳室、おむつ替えもできる多目的トイレなどがコンパクトに集まっていて、とにかく小さな子のいる家族にとっては動きやすい。

 ただ、表門の方は、入るとほどなくパンダやゾウがいて、のっけからテンションマックスな並びになっている。なっているけど、池之端門だって負けてはいない。最初に出会うのはオカピとキリンだ! これから、パパやママには子と過ごす動物園での一日というハードな闘いが待っている。しっかり楽しい思い出を作るためにも体力は必要。体力温存にはこちらがお勧めだ。

The following two tabs change content below.
諸岡 なほ子
諸岡 なほ子
福岡県大牟田市出身のタレントで、現在、一児の母。作詞家(MONA)としても活動。趣味は読書、散策、落語鑑賞、お祭見物&参加。世界遺産検定2級取得。TBS系「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンター、MBS「住人十色」訪問者など多数出演。著書に『地球のどこかの秘境から』(実業之日本社)。
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/nahoko/