このエントリーをはてなブックマークに追加
クリックして拡大

エヴェレストの最難関に挑む男たちの姿を描いた、夢枕獏のベストセラー小説の映画化『エヴェレスト 神々の山嶺』が、2016年3月12日より全国公開される。それを記念して先日、岡田准一、阿部寛、平山秀幸監督がキャンペーンのため来阪した。

最初に3人が訪れたのは、「あべのハルカス」の展望台。日本映画初となる、エヴェレスト標高5200メートルの地点で撮影された本作にちなんで行われた、「日本一高いビル」での記者会見。平山監督は「高所恐怖症にも関わらず、“高い映画”を撮りましたが、今日もやっぱり『高いところは苦手だな』と思いました」と苦笑い。

岡田は「標高5000メートルを超えると、空気が薄いし、気温はマイナス20度から30度にもなる。みんなでかたまって行動しないと、生きていけない。そんな中、阿部さんは何でも持っていて、誰かがお腹を痛めれば『飲め』と薬を出してくれるし、みんなを助けていた」と阿部の存在の大きさを実感。

阿部は「4500メートルを過ぎると景色が明らかに違っていった。大自然の中では、僕たちは豆粒のような気持ち。自然が機嫌を損ねると撮影が出来ない。(山に)お邪魔させていただいた感じでした」と言い、「そんな中だから、自分に何かあった場合、役の代わりはいない。だから携帯食、薬などいろんなものを持っていきました。たくさん持って行きすぎて、重量が大変になってしまって…」と振り返った。

その後は、TOHOシネマズ梅田で行われた完成披露試写会で、舞台挨拶。本作をきっかけに、山岳部を結成するほど登山にハマった岡田は、「さっき阿部さんと、『次は6000メートルまで登りましょう』と約束しました。最短、2週間でいけるので」と阿部にアプローチ。しかし「歳とともに高いところが苦手になってきた」という阿部は、「まだ返事はしていません、ちょっと時間をください」と答えをにごした。

阿部は「この映画の撮影では、自然のあまりの雄大さと過酷さに圧倒されました。それがすべて“フィルム”におさめられています。今はあきらめが早い時代かもしれませんが、あきらめない人は美しいと思える作品です」と力強く語り、岡田は「関西は地元なので、ぜひごひいきにしていただきたいです。大阪からこの映画を熱く、広げて欲しいです…おま」と、自身がイメージキャラクターを務める、ひらかたパークの“ひらパー兄さん園長”のネタで締め括った。

『エヴェレスト 神々の山嶺』は2016年3月12日より全国公開
◇公式HPはこちら


取材/文・写真 田辺ユウキ(映画評論家)

The following two tabs change content below.
田辺 ユウキ
田辺 ユウキ
1979年生まれ。関西を拠点に映画評論家としてレビューやインタビューの執筆ほか、また映画と音楽のプロモーターも務める。2014年に大阪市映像事業「CO2」プロデューサー就任。「大森靖子映画祭」「いずこねこ 最後の猫トーク」などイベント企画も行う。