このエントリーをはてなブックマークに追加

アドラーの思想は
いわば「劇薬」です

仕事インタビュー 私の職務経歴書

第67回
哲学者、アドラー心理学の第一人者 岸見一郎の場合




さまざまな分野で活躍する一流の“仕事人”にお会いし、
その人ならではの「職務経歴書」を作成するまでのロングインタビュー。
今回、登場するのは、哲学者、アドラー心理学の第一人者 岸見一郎さん。

古賀史健氏との共著『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)が
2016年5月の時点で日本では135万部、韓国は115万部を 売り上げるベストセラーとなり、
アルフレッド・アドラーの名を多くの人に紹介した岸見先生。

2016年4月には、その岸見先生の原点とも言うべき2冊の本、
『生きる勇気とは何か』、『人生に悩んだらアドラーを読もう。』(幻冬舎)が 電子書籍として同時刊行されました。

「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」とはアドラーの言葉です。
今、岸見先生の本が多くの人に支持されているのは、
そんな悩みに苦しんでいる人が多いことの証拠でしょう。

今回は、そんな岸見先生に悩みの処方箋をいただくべく、
あれこれお話を聞いてみました。
自分の人生に真剣に向き合う「勇気」を得られる
迫真のインタビューです。

The following two tabs change content below.