このエントリーをはてなブックマークに追加
クリックして拡大

瀬尾まいこの原作小説を映画化したラブストーリー『僕らのごはんは明日で待ってる』(2017年1月7日公開)の完成披露試写会が朝日生命ホール(大阪市)で実施され、出演の中島裕翔、新木優子、監督の市井昌秀が舞台挨拶を行った。

本作は、高校時代に出会った無口でネガティブな男性と、彼とは正反対に常に前向きな気持ちを忘れない女性が、7年に渡って恋愛の浮き沈みを、「食」を交えながら経験する物語。

ラブストーリーは初挑戦という中島は、今回の葉山亮太役について「僕も恋愛下手。恋愛に関しては自信が持てない方です。小学生のときも、遠回しに気持ちを伝えたりして、そういう部分でモテなかった」と意外な過去を告白。

一方、ポジティブ女子・上村小春に扮した新木。映画の中では、あまりにズバズバと物を言う小春が、亮太を戸惑わせる場面も。新木は、「私も小春のように、はっきりと(気持ちを)伝えてしまうことが多い。伝えっぱなしで、相手が何も言えなくなってしまう場面があった。伝えて、去る。私も、恋愛下手かも知れません」と共通点を話した。

ちなみにこの日は、クリスマス直前。新木は、「私はお仕事が入っているので、(仕事終わりに)友だちを誘おうと思ったけど、みんなに断られた。でも、みんな充実したイブを送っていて、世の中は幸せにあふれているんだなって。(そういう風に考えることができる)自分はポジティブ!」と前向き発言。

中島は、所属しているアイドルグループ、Hey!Say!JUMPで毎年、歌番組の出演前に「楽屋でメンバーとプレゼント交換会をしている」という。「以前、八乙女光のプレゼントが当たったのですが、箱が軽いなと思って。開けたら、小さい象の置物だった。センスがよく分からなかった」と困惑したそうだ。

ちなみに今回の舞台挨拶は、座席が先着順とあって、朝4時から列ができていたとのこと。そんな熱狂的なファンに向けて、最後に中島は、「キュンとくるメッセージを関西弁で言って欲しい」とMCからリクエストされ、「めっちゃ好きやねん、付き合ってーや!」と伝えると、悲鳴のような大歓声が起こった。

映画『僕らのごはんは明日で待ってる』は全国公開中
◇公式HPはこちら

The following two tabs change content below.
田辺 ユウキ
田辺 ユウキ
1979年生まれ。関西を拠点に映画評論家としてレビューやインタビューの執筆ほか、また映画と音楽のプロモーターも務める。2014年に大阪市映像事業「CO2」プロデューサー就任。「大森靖子映画祭」「いずこねこ 最後の猫トーク」などイベント企画も行う。