容量無制限・無料で安全に大容量ファイル転送

 
宅ふぁいる便 > 連載企画TOP > ひと


クリックして拡大

幼い頃の“海との出会い”をきっかけに、世界を救う冒険に出ることになるヒロインの物語『モアナと伝説の海』(2017年3月10日公開)。本作の完成披露試写会がTOHOシネマズ梅田(大阪市)で行われ日本語吹替版でモアナ役を担当した屋比久知奈(やびくともな)、マウイ役の尾上松也が舞台挨拶で登壇した。

『アナと雪の女王』の神田沙也加、松たか子などディズニー・アニメーションのヒロインの声優は、常に注目の的とあって、屋比久は「これは夢なんじゃないかと何度も思いました。本当に信じられなかったです」と当時を思い出し、「でも吹替は初めてだったので、分からないことだらけだった。声のお仕事は深い世界だと改めて感じましたし、表現の方法を学ばせていただきました」とさまざまな発見があったようだ。

島の外に出ることを禁じられていたモアナにとって、海はかけがえのない存在だ。屋比久は、「私も沖縄出身なので海に囲まれて暮らしているという環境が似ていて、モアナの気持ちを共有できました」と親近感を持って演技に打ち込んだ。

尾上は、伝説の英雄・マウイを演じる上で「見た目も中身も豪快だけど、コンプレックスや暗い過去も抱えているので、良いバランスで表現するように気を配りました」と話し、「マウイが、モアナとともに成長してくところは共感できる部分も多かったです」と役への愛着を語った。

また尾上は、劇中歌『俺のおかげさ/You’re Welcome』について、「ディズニー映画は音楽がつきもの。ディズニー・アニメーションの曲をたくさん聴いてきたので、その一員になれたことは感慨深い。吹替の演技は苦労が多かったですが、歌は心底楽しめました」と満足した様子。

歌と言えば、屋比久は主題歌『どこまでも ~How Far I’ll Go~』を担当。この日の舞台挨拶では、曲の生披露もあり、尾上は「ついに“ナマ屋比久”を聴くことができました!」と感激。歌い終えた屋比久は、「映像、そして音楽など素晴らしい要素が詰まっている映画です。『海は、人と人をつなぐ』というメッセージがあり、私自身が、皆様の前でそれを披露することができたと思います」と作品をアピールした。

映画『モアナと伝説の海』は2017年3月10日より全国公開。
◇公式HPはこちら

The following two tabs change content below.
田辺 ユウキ
田辺 ユウキ
1979年生まれ。関西を拠点に映画評論家としてレビューやインタビューの執筆ほか、また映画と音楽のプロモーターも務める。2014年に大阪市映像事業「CO2」プロデューサー就任。「大森靖子映画祭」「いずこねこ 最後の猫トーク」などイベント企画も行う。