このエントリーをはてなブックマークに追加
クリックして拡大

河野裕の同名小説の映画化『サクラダリセット 前篇』(2017年3月25日公開)。本作の舞台挨拶がTOHOシネマズ梅田(大阪市)で行われ、野村周平、黒島結菜、平祐奈、深川栄洋監督が登壇した。

前後篇の二部に渡る本作は、特殊能力を持つ人たちが大変を占める街を舞台に、「記憶保持」の能力を持つ主人公・浅井ケイ、最大3日間の時間を巻き戻せる春崎美空が、ある出来事の真相に迫っていく物語だ。

これまでは元気な役のイメージが多い野村。深川監督から「映画を観終わったら、いつもn野村周平ではなく、知的な一面を知ることができるはず」と言われ、「ちょっと、失礼でしょ! 主演ですよ!」とツッコミを入れて笑いを誘った野村。「特に役作りをしたわけではありませんが、悟っているところをあらわすために、背筋を伸ばしたり、あと早口でスラスラと長台詞を言ったりして、浅井ケイを作り上げていきました」と芝居のポイントを語った。

春崎美空役の黒島は「感情が出ない役なので、目線や細かい仕草で(感情を)あらわしました」、春崎の能力の影響で死んだ相麻菫役の平は「天真爛漫で相手によって表情を変えていき、一人だと寂しがり屋。コロコロと変わっていくので、こんなに役にこだわったのは初めてです」と役の捉え方を話した。

平が「野村さんがムードメーカーだった、朝からテンションが高いんです」と言えば、深川監督は「僕の膝の上に乗っかってきたりするんですよ。しかも前向きで…。そのやりとりを繰り返していたら、スタッフに怒られました。こんなに距離間の近い俳優は初めて」と目を丸くした。

野村は「(出演者に)十代が多かったので、楽しくやっていました」と振り返ると、黒島も「若い人たちの『何かを変えたい』という力強いメッセージがある作品。そこに共感してほしい」とプッシュ。

最後に野村も「謎を解いていくようなストーリー。前篇で分からないことが、後篇で描かれている。解いていく楽しみがこの映画にはあります」と、5月13日公開の後篇に期待をもたせた。

映画『サクラダリセット 前篇』は2017年3月25日より全国公開
◇公式HPはこちら

The following two tabs change content below.
田辺 ユウキ
田辺 ユウキ
1979年生まれ。関西を拠点に映画評論家としてレビューやインタビューの執筆ほか、また映画と音楽のプロモーターも務める。2014年に大阪市映像事業「CO2」プロデューサー就任。「大森靖子映画祭」「いずこねこ 最後の猫トーク」などイベント企画も行う。