このエントリーをはてなブックマークに追加
クリックして拡大

ディズニーアニメの名作を実写映画化した『美女と野獣』、本作の完成披露試写会がフェスティバルホール(大阪市)で開催され、日本語吹替版の声優を務めた昆夏美、山崎育三郎、藤井隆が舞台挨拶を行った。

大阪交響楽団の生演奏をバックに、ミュージカルで活躍する昆、山崎による日本版デュエットソング『Beauty and the Beast』で幕を開けた舞台挨拶。『ロミオ&ジュリエット』『レ・ミゼラブル』などでも共演経験がある二人は、見事なコンビネーションで、『美女と野獣』を彩るこの楽曲を披露。

昆は、「各地の舞台挨拶では一人で歌ってきたのですが、今日は山崎さんと一緒に、(キャンペーンの)ファイナルの地で踊れて嬉しいです」と喜びを語った。

美しい女性と、恐ろしい野獣の姿に変えられてしまった王子のロマンスを描いた本作。ヒロインのベルを演じた昆は、「小さいときから、ビデオが擦り切れるまで(ディズニーアニメ版を)観てきた、この作品に携われる未来が訪れるなんて。人生なにが起きるか分からない」と感激。

野獣役の山崎は、「子どもの頃からディズニーが好き。サンタクロース(へのプレゼント)に、野球のグローブを頼んだら、『アラジン』の美で井が届いたこともあります。ディズニー作品に携わりたくて、ミュージカル俳優になりました」と念願が叶ったとのこと。

ベルと野獣に割って入るガストンの子分、ル・フウ役の藤井は「(ル・フウ)はお調子者だけど、好きです。酒場のシーンで盛り上がるところを楽しみにしてください」とオススメ。

またこの日は、大阪のファンに向けて、ベルを演じたエマ・ワトソンから特別メッセージ映像も披露。「まいど、エマやで!」「見てな」とコテコテの関西弁で話すエマに三人は爆笑。山崎もそれにならって「自分ら、映画を楽しんでなあ」とPR。藤井は「世代をこえて楽しめる」、昆も「アニメが大好きだった方は、発見や懐かしい気持ちになれる」とプッシュした。

映画『美女と野獣』は全国公開中
◇公式HPはこちら

The following two tabs change content below.
田辺 ユウキ
田辺 ユウキ
1979年生まれ。関西を拠点に映画評論家としてレビューやインタビューの執筆ほか、また映画と音楽のプロモーターも務める。2014年に大阪市映像事業「CO2」プロデューサー就任。「大森靖子映画祭」「いずこねこ 最後の猫トーク」などイベント企画も行う。