このエントリーをはてなブックマークに追加

「できてた」ことが
「できなくなる」って
寂しいじゃないですか

仕事インタビュー 私の職務経歴書

第82回
俳優 三宅弘城の場合




さまざまな分野で活躍する一流の“仕事人”にお会いし、
その人ならではの「職務経歴書」を作成するまでのロングインタビュー。
今回登場するのは、俳優の三宅弘城さん。

NHK連続テレビ小説『あさが来た』の亀助役で、大番頭の雁助役・山内圭哉さんと 絶妙なやりとりをした姿を覚えている人もいれば、 NHK Eテレの教育番組『みいつけた!』の体操のおじさん・みやけマンとして 筋骨隆々な身体を披露している姿を覚えている人もいるでしょう。

演劇好きの人には、ケラリーノ・サンドロヴィッチさん主宰の 「ナイロン100℃」の看板役者の一人としての活躍はもちろん、 外部公演でも引っ張りだこの舞台俳優として、知らない人はいない存在です。

2017年11月-12月には「ナイロン100℃」の44th SESSION
『ちょっと、まってください』が上演されますが、
この公演に劇団員として出演する三宅さんに聞いてみました。
演劇と出会ったいきさつから、これまでに経験した印象深い出来事、
そして今回の公演に向けた意気込みなど。

果たして俳優・三宅弘城という人は、
どのようにして出来上がっていったのでしょうか?
読めば元気になる迫真のインタビューです。

The following two tabs change content below.