このエントリーをはてなブックマークに追加

《信頼していた友人の思いもしない行動にショックを受けて心の中のモヤモヤがずっと消えない。》

好きだった感情が嫌いにすらなっている。
原因はわかってるようなわからないような。
解決法はあるようなないような。

そんな人だったのと失望するような事があったり。別人のように前と違った面が見えたり。通じ合えるところがあると思っていたのに、信じられないような行動に出たり。 自分の期待しているものとは違う反応がきたり…

かつての情が邪魔をして、嫌いになりきれず、モヤモヤに拍車がかかり、それでもこのモヤモヤを解消する手掛かりがつかめない。

知人に相談もしてみた。客観的に見れる人にも意見を聞いてみた。モヤモヤの元の出来事も丁寧に思い起こしてみた。

しかし、どこにも解決の糸口がみえず、最終的にその本人と改めて向き合うことにしてみた。関係が後戻りできなくなるほど悪化する前にという意図から。
解決はしないだろうと思いながら、何かしら理解できると信じて。

すると、思いもしない結果をもたらしてくれた。

まず、その人自身からは何の改善も期待できないのだ。自身の人生を生きているだけだから。そう、相手を変えようとしたり責めるのではなく、自分に焦点をあてて考えてみることを、相手と向き合ってから今一度したのだ。

気づいたことは、“私がその人に対して勝手な理想を押し込めていた”のだと。

その人はありのままを、ただ素直に生きていたのに、私がある意味“都合よく当てはめ”て”その人に対する思い込んでいた感覚が崩れ始めた”から戸惑ったのだと。
結局のところ、それが正解なのかもしれない。

要は自分の物差しで見ている世界の中で、何か知っていたはずなのに、違う衝撃が起きた時に、戸惑ってフラストレーションを感じることが、イコール、モヤモヤなのではないかとひもといてみたのだ。

The following two tabs change content below.
ソニン
ソニン
1983年高知県生まれ。2000年歌手デビューし、2003年には「高校教師」(TBS)で女優の活動を開始。舞台や映画に活動の場を広げ、現在に至る。