このエントリーをはてなブックマークに追加

    《周りが盛り上がる熱さに際立つ、置いていかれる自分》

  今年もやってきました、熱い熱い夏が!

  花火大会にお祭り、街を歩けば様々なイベント、海、キャンプ、新しい
  出逢い・・・激しくて楽しい刺激達があなたを待ち焦がれている!!
  さぁ、何をしよう、今年の夏は誰と何処に行こう、
  どうやって過ごそう!?・・・なんて、全くないのです、どうしよう。

  確かに、これからくる夏は熱い。激しい。
  それは肌で感じます。周りがそうだから。
  あぁくるんだなぁ、あの激しい季節が、と。

  だけど、今年は全くそんな予定もなく、そんなつもりもないんです。
  あのぅ、できれば、夏を飛ばして頂きたいのですが、
  なんて勝手な人もココにいます。

  まず、ひとつ理由として、わたくしは、秋にやる舞台でフランス人の役
  をやるのです。だから焼けない。3月までベトナム人の役のため焼いて
  いたので、これで無防備に外にでちゃってしまうと、大変な事になる。
  そんな理由。

  毎日外に出かける時には日焼け止めを塗り、日傘をさすのだ。
  すると、必然と、いくら大好きだからって故郷高知のよさこい祭りなん
  て自粛しなければならないし、水着で遊ぶなんてもってのほか。
  やれるとしたら浴衣を着て、夜出かける程度でしょうか。

  別に、夏の刺激を受ける気満々なのに、それだけのために我慢しなけれ
  ばならない、というわけではないんです。なんだか今年は夏を迎える気
  持ちが備わっていない。

  むしろ今年の夏は、気持ちも行動も室内気分なのです。
  だけど、まわりが盛り上がっているのに、自分って冷めてるのかしら?
  暗いのかしら?悲しいひとなの?可哀想なひとなの?

  いいえ、これはマジックです。
  サマーネガティブマジックです。←勝手に造りました(笑)

The following two tabs change content below.
ソニン
ソニン
1983年高知県生まれ。2000年歌手デビューし、2003年には「高校教師」(TBS)で女優の活動を開始。舞台や映画に活動の場を広げ、現在に至る。