このエントリーをはてなブックマークに追加

チャレンジをするには勇気がいる。
それはなぜ?
後の事が心配だからだ。

メリットだけみて足を踏み入れてしまうと痛い目にあう。
だけど、デメリットを考えているとなかなか踏み出せない。

それでも、何かしら始めるため変えるためにはチャレンジをするという
判断しないと動かせないのである。今この時期に、チャレンジをして新
しい世界に踏み出している人は多いはず。その新しいフィールドで、さ
らなるチャレンジがたくさん待ち受けていることでしょう。

以前、私はこの連載コラムで、『目指すゴールテープを見失わなければ、
いくらそれても向かうことが出来る』というようなことを語った記憶が
あります。そこに加えて今回は、自分だけの意志ではどうしようもない
事に関してどう負けずに、そして、正義を定義して保って行けばいいの
かということに着目したい。

この間何気なく見ていた番組で実際にあったストーリーを紹介していて、
激しく感銘し頷いた言葉があった。それは、人質が殺人犯に読んで自首
させた、聖書のなかの一節。

『今あなたが置かれている環境は、神があなたに適した場所に置かれた
のだから、何かしら意味があり、これ以上こうなればいいのになどの理
想を望んではいけないのだ』というような内容のもの。

私にとってのその言葉は、「【神】はその置かれた環境で精一杯、一生
懸命やることを望んでおり、今それ以上のことは望まれていない」と聞
こえた。なんて朗報!!一気に自分にのし掛かった重苦しいものが吹っ
飛ぶようだった。

The following two tabs change content below.
ソニン
ソニン
1983年高知県生まれ。2000年歌手デビューし、2003年には「高校教師」(TBS)で女優の活動を開始。舞台や映画に活動の場を広げ、現在に至る。