このエントリーをはてなブックマークに追加

『今日一日居て思ったんだけど、もう少し柔軟に取り組めた方がいい
んじゃない?』

ニューヨークで引っ越しの際に手伝ってもらった友達にこんな事を言
われた。あれはだめ、これはだめ、こだわるのはいいけど、たまにそ
れを受け入れる柔らかさがあった方がいい時もある、と。

まだ関係が短いからこそ、客観的な意見が聞けたと思った瞬間だった。
すごく図星だったし、納得し、その言霊が身に染みた。

自分のことは、頑固だとは思っていない。反感の声が知人からは返っ
てきそうだが、実は、自我は強くても心の中では受け入れる気持ちは
多いにあるのだ。

ただ、その物事が、自分にとって受け入れるに値するものであるか、
レベルなのか、そう考えて、心の中で気持ちはあっても、受け入れな
い可能性があるだけ。果たしてそれが、芯が強い、だとか良い言葉で
片付けてくれるのだろうか。

他人はこういう。『わがまま』『頑固』『自己中心的』。はたまた逆
の人物だと、『意志が弱い』『気分屋』『優柔不断』だとか。

両方持ち合わせてれば文句ないですか?難しいことかも知れないけど、
それがやはり一番のように思える。

この世界を生きて行くには強さは不可欠だと思う。例えば、世の中う
まく行かない事だらけなのは、人間みな感じること。そこで、自分の
強い意志を持ち続けあきらめず粘ることが大切だとは言える。すぐ諦
めたくなるのも仕方ない。でも、誰もが粘り続けなきゃいけないとい
う事実を知ると、すぐに諦めることは逆にしたくなくなる。

ここで、どこで粘り強く耐えるべきで、どこで柔らかく考えて対応し
なければならないのか。これが悩ませるのである。

The following two tabs change content below.
ソニン
ソニン
1983年高知県生まれ。2000年歌手デビューし、2003年には「高校教師」(TBS)で女優の活動を開始。舞台や映画に活動の場を広げ、現在に至る。