このエントリーをはてなブックマークに追加

      《トキメキという文字をみてもトキメかなくなった?》

  悲しいかな、色々慣れてくると、色々経験してしまうと、色々年齢を重
  ねると?トキメキというものはなくなっていってしまう。ときめきたい、
  と思うならまだ軽症。《トキメキ》というもの自体にときめかなくなっ
  たのである。

  そもそも、《トキメキ》とはなんなのか。

  お得意の辞書で調べてみた。
  ─『喜びや期待がわきあがって胸がどきどきする様』
  ふむ。

  【喜び】はあっても、なにかに【期待】しようというのは正直今の世の
  中でもつことが難しくなっているのではないか。

  【期待】をもつことすらさせてくれない世の中。
  なんて悲しいことなんだ。
  【期待】を持ってもあとで悲しむだけ、なんて。

  もしかすると、少なからず私もそう思っているのかもしれない。この世
  の中に期待を持てるようなものが見当たらない、いや、この世の中に期
  待してはならない、と。

  これは、世の中が悪いのか、
  それとも【期待】を持とうとしない自分が悪いのか。

  わからない。

  だけど、責任のなすり付け合いをしていると、永遠に解決しないわけで。
  お互い変わるためには、結局変化をつけられる人間ががんばってみよう。

  単純に、【喜び】と【期待】をあげてみる。
  すると結構でてくるわけで。

  例えば、大好きなお菓子の新しい味の発売を発見した時、心の中で『キ
  ャッ』と叫び(実際に声だしてしまう事も)、喜びと新しい味への期待
  で胸が高鳴る。
  これもトキメキ?

The following two tabs change content below.
ソニン
ソニン
1983年高知県生まれ。2000年歌手デビューし、2003年には「高校教師」(TBS)で女優の活動を開始。舞台や映画に活動の場を広げ、現在に至る。