このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも必見!ニューヨーク生活、番外編コラム
コチラ⇒ 〓ランチ〓


『しなないから大丈夫』
と励ましなのか脅しなのか無茶の無理強いなのかわからないが、世間的
にも試練続きで知られていたあの時期に、よく社長にこう言われて、限
界を感じないように育て上げられた。

そのときは、「それでしんだら終わりじゃないか」と思っていたが、まぁ
今生きているので、極限であったかもしれないけど、【限界のある】こ
とではなかったということになる。

つまり【自分で限界を決めなければ、限りなく無限】なのかもしれない。
そう今もなお私に根付いている考え方を植えた大元に違いない。

基本的になんでも無限だと思っていて、それは全てがプラスに向くとは
かぎらず、ときには端からみるとただの《無謀》にしか見えない時もあ
るだろう。ただ若かりし頃にそう教え込まれた私としては、常に限界・
限度を見ず、果てしなく見えない先を常に目指している。いい大人にな
ってもその無茶な考え方は変わらない。いい加減落ち着いて欲しいほど
だ。

以前、『無理』という発言が口癖のような人がいた。
人はなぜ『無理』という考えを持つのか、または発言するのか。

自分史上または歴史上、前例にない、もしくは、似たような状態を知り
限度を知っている。前例に無いならば、なんて革命的で素晴らしいこと
であり、限度を知っているならば、新しい自分、次の段階に成長するチ
ャンス到来!と考えるのはどうだろうか。

例え結果失敗というようなカタチになったとしても、確実に自分史上に
おいては新しい領域を取得したとして、成功に等しい。

The following two tabs change content below.
ソニン
ソニン
1983年高知県生まれ。2000年歌手デビューし、2003年には「高校教師」(TBS)で女優の活動を開始。舞台や映画に活動の場を広げ、現在に至る。