このエントリーをはてなブックマークに追加

多分、私が今から書こうとしているのは、1つのラブレターなんだと思います。

でも、私の意中の人は沢山の人から愛されているので、きっとラブレターなんてこれまで数えきれないくらい受け取ってきただろうし、また、書かれてきたラブレターの数の何十倍、何百倍もの人が、その人の事を想い続けているに違いありません。

 それも、この1〜2年で好きになったばかりの私よりもずっと長く、深く、じっくりと。でも、不思議と焼きもちを焼く気にはなりません。

ですから、思うにこれは、相当恥ずかしいラブレターになってしまうでしょう。今からどんな風に自分がこの先の言葉を綴っていくのか、今はまだ分かりませんが、そんな気がしています。

さしあたって理由はふたつ。ひとつは、その意中の人への想いは、実在しないアニメのキャラクターに恋をしてしまったような夢見がちとも言えるものだから。でも、想ってしまったのだから仕方が無い、不可抗力。

そしてもうひとつは、ここに書く以上、沢山の人の目に触れてしまう公開ラブレターだから。私の心がいつも以上に裸になってしまいます。それでは余りに恥ずかしいので、私は1つの手を打ちました。 それは、その人も大好きな、お酒を飲むということです。それも、意中の人ゆかりの地、神楽坂で。ここはその人の終の住処となった土地。この手紙は、酔った勢いで書いた、ばかばかしい、だけども、それだけに本当の想いをさらけ出してしまう、そう言うものになるのだと思います。

私が選んだお酒は、スパークリングワインのロゼ。神楽坂をのぼりきった場所にある、ワイン専門店で。蒸し暑い昼下がりに炭酸で気分をさわやかにしたかったのと、華やかさを持ったその人のイメージにぴったりだと言う気がしたから。

 実際、口に含んだ瞬間「くーっ」と片目を閉じて嬉しそうに笑うその人の表情が見える様な気がしました。

The following two tabs change content below.
諸岡 なほ子
諸岡 なほ子
福岡県大牟田市出身のタレントで、現在、一児の母。作詞家(MONA)としても活動。趣味は読書、散策、落語鑑賞、お祭見物&参加。世界遺産検定2級取得。TBS系「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンター、MBS「住人十色」訪問者など多数出演。著書に『地球のどこかの秘境から』(実業之日本社)。
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/nahoko/