このエントリーをはてなブックマークに追加

多分ね、これは、お祭りにきているんだなぁと思いました。男の人たちは。

今回私が訪ねた場所は、銀座のグランドキャバレー『白いばら』。昭和6年の創業以来80年近く営業していると言えば、和菓子屋さんだったとしても洋食屋さんだったとしても、老舗と呼ぶに十分な歴史です。老舗キャバレー。

はっきり言って、隅田川デプレ担当のHさんから『白いばら』の載っている雑誌を見せて頂いた時には、自分には関係のない話と思って軽く茶化していたのですが、その後Hさんから連絡がきて、面白いので是非取材に行きましょう!とのお話。

わわ、わたしが!?

戸惑ったものの、こんなことでもない限りそうそう足を運ばなそうな場所ではある。
銀座だってれっきとした東京下町エリア。

下町の文化をちょっと掘り下げて紹介したいと言うのが隅田川デプレのテーマなのだから、ええい、この際出会い頭に私の感じたものを紹介しようではないか!と腹を決め、HさんとS社マネージャーTさんと共に銀座の街に繰り出しました。

でもなんだか、却って銀座の路地裏、薄明かりの中の熱狂って、文化人類学とかっぽいような気もしません?

とはいっても、私たちが銀座に着いたのは午後6時。
すぐさまお店に向かってみるとそれでも「白いばら」は既にオープンしてました。

夜の始まりは案外早い。

車が人をよけながら徐行運転する路地では、見上げると様々な看板が道行く人を誘います。

そんな雑多な通りに突如現れるのが、「白いばら」の名物、巨大な日本地図。そこには「あなたの郷里の娘を呼んでやってください」の文字。

なるほど。地方からのお客様の接待なんかで使われるのだろうか。はたまた一人東京暮らしの長い男性が、ここで同じ田舎の女性と方言でトークしてほっとするのか。

The following two tabs change content below.
諸岡 なほ子
諸岡 なほ子
福岡県大牟田市出身のタレントで、現在、一児の母。作詞家(MONA)としても活動。趣味は読書、散策、落語鑑賞、お祭見物&参加。世界遺産検定2級取得。TBS系「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンター、MBS「住人十色」訪問者など多数出演。著書に『地球のどこかの秘境から』(実業之日本社)。
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/nahoko/