このエントリーをはてなブックマークに追加

ニッポン、1000円紀行



 今日、旅に出たいみなさまへ。ニッポン1000円紀行ツアーコンダクターさくらいよしえです。予算ないです、友もないです。懐には往復2000円の交通費とおやつ代500円、それと”なんかあったときのピンチ用自腹財布”しかありません。
 今月は、山梨「猿橋」まで片道およそ1000円のバス旅です。

 みなさん、長距離バスってどんなイメージです? わたしにとっては東京と実家関西間を夜通し走る格安ウルトラ鈍行。座席スペースでは、いかに五体をコンパクトにまとめ、おじさんのいびきに負けない早さで就寝するかが永遠の課題というか「競技」です。
 夜出発し、早々に消灯となり、断続的にトイレ休憩で起こされ、早朝のひとけない駅バスターミナルでオカンの迎えをうつろな目つきで待つ。そういうプレイ付きの乗り物です。でも勝っても負けてもしんどさはまあ一緒です。じつは当方、大変なバス好きです。 

 ただもういいおとなですから、プレイとかなしにふつうにエンジョイしたい。そこそこの時間と予算でバス旅をしたい。そこで見つけたのは……。


The following two tabs change content below.
さくらい よしえ
さくらい よしえ
<最新刊>
ゆでたまごでんしゃ 「まいど ごめいわく ありがとうございます」の巻(Amazonリンク)「電車がでてくる物語絵本」シリーズ。主人公の車掌・たまごのごまた。さて、この缶を開けると…?
きょうも、せんべろ 千円で酔える酒場の旅(Amazonリンク)立ち飲み、刺身のうまい店、もつ煮の名店……きょうは、どの店いこうかなあ。安くておいしい、でもそれだけじゃない……王道から穴場まで、笑いと涙の酒場探訪。
<既刊>りばーさいど ペヤング ばばあ(上・下巻)(Amazonリンク)