このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年02月14日 配信

映画『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』(公開中)のPRキャンペーンが大阪ステーションシティシネマで行われ、出演した林遣都さん、駿河太郎さんが舞台挨拶を行った。



『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』は強烈なキャラクターがおりなすギャグ満載の持ち味が特徴の同名コミックが原作。河童の着ぐるみを着た村長に小栗旬、星形のマスクを付けたミュージシャンに山田孝之など豪華な俳優陣が出演していることでも話題になっている映画だ。



主演した林さんは「監督から主演というのは座長だからねと言われた。それを聞きつけたみんなが座長、座長と言ってきて…悪用されて…たまに社長と言われたり」共演者から“座長”と言われ持ち上げられていたという。撮影現場で林さんと一緒にいる時間が長かった駿河さんは「年齢はひとまわり違うけど、しっかりしていて座長の風格があった。」とすかさずフォローする場面もあった。

「太郎さんとは同じ関西人。凄く接しやすかった。たまにお酒を飲んでお前〜って言ってしまうこともあった。」(林)、「山田孝之君から、太郎って呼ばれたり仲のよい現場でしたね。」(駿河)と意気投合していた様子を語っていた。

「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」は、全国公開中。
◇公式HPはこちら




1月20日 大阪ステーションシティシネマ(大阪市北区)
取材/写真・文 羽渕比呂司

The following two tabs change content below.
羽渕 比呂司
羽渕 比呂司
 大阪ガス行動観察研究所社員