このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月31日配信

瀬戸内寂聴が自身の体験をもとに手がけた同名小説を、満島ひかり、小林薫、綾野剛で映画化した『夏の終り』(2013年8月31日公開)。昭和30年代を舞台に、妻子ある不遇の小説家、かつて駆け落ちした青年とのあいだで心情を揺らすヒロインの姿を丁寧に綴りながら、大人の恋愛の深さ、駆け引き、そして発露を描く名作だ。監督を務めたのは傑作『海炭市叙景』の熊切和嘉監督。



この『夏の終り』のすばらしさは、まず編集だ。三角関係を映した“現在”、そしてそこに行き着くまでのストーリーを、パズルのように時系列を組み替えながら構成している。しかしテンポが非常に良く複雑さを感じないばかりか、“過去”の話も決して回想的になっておらず、すべてがきっちりエピソードとして見ごたえたっぷりに成り立っており、まったく目が離せない。全編「おもしろい!」と思わず唸る。

「題材が題材だけに、僕が作ると重苦しくなる恐れがありましたし、また(撮影の)近藤龍人君と組むと、それぞれの感情に合わせて壮大にやりすぎてしまうので(笑)、今回はひとつの場面をあまり引っ張ることなく、じっとりいかずに、鋭利なイメージで編集をしていきました」

撮影は2012年、兵庫県内で行われた。余談だが、港で満島、綾野が再会する場面、実は筆者もエキストラとして、神戸の港での撮影に参加した(インタビューのとき、熊切監督から「編集で切ってしまいました、すみません!」と…笑)。熊切監督のなかでは特に淡路島でのロケが印象深いとのことで、「淡路島には洲本オリオンという家族経営の映画館があるんです。いまはシネコンが多いですが、古き良き時代の町の映画館という風情で、撮影もそこを拠点としていました。洲本オリオンさんが持っていらっしゃる倉庫の二階をお借りして、そこで寝泊まりしていました。ロケハンで、良い場所が見つかると、映画館のお母さんが交渉してくれたり。みなさんの協力があって、本作ができあがりました」と振り返る。

満島ひかり演じる知子は、まだまだ女性の社会進出が発展しておらず、そして関係性も男性上位の時代において、自分の恋愛感情に嘘をつくことなく生きた。そののびやかな考え方は、女性にとっては「憧れ」に近い気持ちで見つめることができるのではないか。

「知子は“時代”と闘っている印象があります。ただ、生き方は人それぞれのもの。その方向性は、たとえ女性の社会進出がままならない難しい時代であっても、必要なことだったのかもしれません。知子は、妻子ある男性と長年生活をして、しかし相手は別れる気配が見えない。そんななかで、かつて関係のあった青年のもとにも行く。そういう道をあえて選んだところに、彼女らしさを感じます。そもそも、恋愛相手はひとりじゃなきゃだめなのか。どっちかに決めなきゃいけないのか。僕はわりと『いいじゃん』と思いますし、こういう生き方もあるということを知ってほしいですね」


映画『夏の終り』は2013年8月31日公開
◇公式HPはこちら



取材/写真・文 田辺ユウキ(映画評論家)


The following two tabs change content below.
田辺 ユウキ
田辺 ユウキ
1979年生まれ。関西を拠点に映画評論家としてレビューやインタビューの執筆ほか、また映画と音楽のプロモーターも務める。2014年に大阪市映像事業「CO2」プロデューサー就任。「大森靖子映画祭」「いずこねこ 最後の猫トーク」などイベント企画も行う。