このエントリーをはてなブックマークに追加

―”ケン様”登場に会場が沸く

 6月1日、大阪市内で行われた「ダイブ!!」試写会で主演の林遣都(はやしけんと)さんが舞台挨拶した。同日、大阪市内では来日したヨン様(ぺ・ヨンジュン)のイベントが開催され奥様方が詰め掛けるなか、こちらは学生限定の試写会、上映後ケン様の登場で会場は女子学生の黄色い声援に一気に包まれた。


―個室になると寂しくて一緒に集まってました

 舞台挨拶を行った林遣都さんのほか、池松壮亮さん、溝端淳平さんほかこれからの活躍が大いに期待される若手の俳優陣が出演する。飛び込み競技の練習のため、出演者らは合宿し共同生活を行った。映画の中ではお互いにけん制しあうライバル同士だが、「普通になんでも喋れる仲です」と語るように、実際はかなり打ち解けていたようだ。
男ばかりの合宿で窮屈じゃなかったかとの質問にも「全然、窮屈じゃなかった、すごく楽しかったです」と語った。さらには「撮影前の合宿は相部屋だったが、撮影に入ると個室になってしまい、それがみんな寂しくて、一つの部屋に集まって過ごしていました」それほどに、楽しい現場だったようだ。


―54キロから57キロに

 「ダイブ!!」は飛び込み競技に青春をかける少年たちの物語。出演シーンは水着姿、飛び込みのシーンの連続だ。このため撮影前に約3か月のトレーニングを行ったという。「コーチからはとりあえず食えといわれた」と語るように、腹筋など筋力アップのトレーニングメニューと食事で撮影前には54キロだった体重が57キロに。ぱっくりと割れた腹筋を完成させた。


―10mダイブ!!一番最初に飛んだ

 「気持ちよかった」とは10mからジャンプしたときの感想。一方で「笑っているように見えるけど、本当はひきつっている」とも語るように、怖さも相当あったようだ。飛び込みの練習は約1か月間、専門のコーチがついて集中的に行われたが、最初はプールサイドからの飛び込みで、3m、7mと徐々に高くなっていった。
「その日はすごく調子がいいと感じる日だった」とは10mの飛び込みに初めて挑戦したときの感想だ。主演3メンバー(林遣都、池松壮亮、溝端淳平)の中では最も早く10mからの飛び込みを成功させたという。


―がむしゃらにがんばってください

 林遣都さんは現在17歳の現役の高校生。休みも普通にあり、ダラダラと過ごす日も多いと話すが、俳優をずっと続けてゆきたいと力強く目標を語る。
「目標を追っている人、目標があるのに走り出せないでいる人はもちろん、まだ何をやったらいいか目標が定まらない人も、この映画を見るとやる気がでると思う」「知季(主人公:林遣都)のようにがむしゃらにがんばってください」と会場の同年代の学生にメッセージを贈った。今日の舞台挨拶の感想については「たくさんの拍手をもらって、泣きそうになった」と語った。
※現場写真掲載は終了しました。

(写真/文 羽渕比呂司)


The following two tabs change content below.
K-LAB