このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月02日配信

2010年の韓国映画『超能力者』を、『リング』『L change the WorLd』の中田秀夫監督、藤原竜也、山田孝之、石原さとみら豪華キャストでリメイクした『MONSTERZ モンスターズ』(公開中)。先日、大阪市内で行われた本作の特別試写会で中田監督と藤原竜也が舞台挨拶を行った。



『MONSTERZ』は、「見る」だけで他人を思い通りに操れる特殊能力者(藤原)と、その能力が通じない男(山田)の激闘を描くアクション映画。藤原は「目をいっぱい撮ってもらいました。ただ、映画撮影は監督の言われたことをやっていくものですが、(目を撮られすぎて)さすがに『もう(撮らなくて)いいじゃないですか』と言ってしまいました!」と笑顔で振り返り、「撮影中は『これがどう繋がっていくんだろう』と分からなかったし、目ですべてを操れるというルールもはっきり理解できなかったけど、映画を観ると納得がいく編集がされていて驚きました」と中田監督ら製作チームの腕前に脱帽。

中田監督は、「藤原竜也とは『インシテミル』以来のお仕事でしたが、彼ともう一度面白い映画を作りたかった。そんなとき、プロデューサーから今作の話が会ったんです。世界から孤立した男が世界を操るという、ダークだけどクールな設定を演じられるのは、藤原竜也しかいないと思った」と信頼を寄せる。

藤原竜也と山田孝之は今回が意外にも映画初共演。身体能力抜群のふたりとあって、劇中のアクションも迫力十分。藤原は「山田君は本当にアクションがすごい。監督は山田君ばかり撮っていて…。僕は2時間、山田君は10時間という感じで。僕がいつも『お先に失礼します』と帰っていました」と少し嫉妬(?)。

中田監督は苦笑いを浮かべながら「この映画の見せ場はまさにアクションにつぐアクション。竜也君と山田君の直接のボディコンタクトがあるので、楽しんでご覧ください」とアピールした。



映画『MONSTERZ モンスターズ』は全国公開中
◇公式HPはこちら


取材/文・写真 田辺ユウキ(映画評論家)


The following two tabs change content below.
田辺 ユウキ
田辺 ユウキ
1979年生まれ。関西を拠点に映画評論家としてレビューやインタビューの執筆ほか、また映画と音楽のプロモーターも務める。2014年に大阪市映像事業「CO2」プロデューサー就任。「大森靖子映画祭」「いずこねこ 最後の猫トーク」などイベント企画も行う。