このエントリーをはてなブックマークに追加

どうなるんだろう…ワクワクした!「いけちゃんとぼく」蒼井優さんインタビュー

映画詳細はこちら

 漫画家、西原理恵子がはじめて手がけた絵本「いけちゃんとぼく」が実写で映画化された。今回“いけちゃん”役として出演した蒼井優さんに思いを語ってもらった。・・・映画詳細はこちら>>


─蒼井優、謎の生き物“いけちゃん”を演じる

[写真クリックで拡大] 西原理恵子の絵本「いけちゃんとぼく」の実写映画で、“いけちゃん”の声優に挑戦した蒼井優

 “いけちゃん”は、ヨシオにしか見えない不思議な生き物。色も形も変幻自在。お父さんが死んだときも、いじめられた時も、いけちゃんはいつもヨシオのそばにいた─。大人になってこそわかる、かつての自分へのメッセージが詰まったあたたかなストーリーが展開される。

蒼井優さんは声優として「いけちゃんとぼく」に出演、 出演依頼があった時はどう感じたのだろうか─
 最初は、“いけちゃん”のビジュアルに驚きました。今まで、少年とか少女とか、自分と年齢は違っていても人の役でしたが、今回は人と言えば人ですが、最初の出だしはよくわからない物体、これに声をあてるのかと思ったし、実写映画になるということにもすごく驚きました。


漫画「ぼくんち」「毎日かあさん」などの西原理恵子さんがはじめて手がけた同名の絵本が原作、読んで抱いた感想とは─
 台本もらう前に事務所の方から西原理恵子さんの「いけちゃんとぼく」の原作を渡されて、それを読みました。(読んだ時は)“いけちゃん”ってどんな声なんだろう? とかいろいろ考えながら読んでしまって、ストーリーに集中しきれなかったんです。
 読み終わった時には、これを映画でどう実写化するのかなということと、“いけちゃん”がどういう風に動くのな、かどういう世界観で、どうなるんだろうって。ワクワクしましたね。

声優として“いけちゃん”を演じる段階になったとき、この不思議なキャラクターをどんな風に作り上げていったのだろうか─
 脚本を読んで、“いけちゃん”の声ってこんな感じかなと思っていて、私もいろいろ考えましたが、その中できっとこのトーンかなっていうのを監督の前でやってみたら、監督も「そんな感じで」ということだったので、“いけちゃん”の元となる声、通常のテンションの時の声はこれ、と決まりました。
 でも“いけちゃん”がすごくテンションが高くなる時がたまにあるので、そういう時は監督が「もっと声を高く」とか、「そこは、もうちょっと押さえて」とか指示を出してくれました。
撮影では、オフラインを何回も見て、自分の中で“いけちゃん”の声が聞こえて来るまで待ったんです。

自分の中で聞こえた“いけちゃん”の声とは─
 やわらかい声でした。でも自分が実際にこの声を出せているか分からないから不安でした。



─大人だから、実感できるラブストーリー

[写真クリックで拡大] “いけちゃん”とヨシオはいつも一緒 (C)2009「いけちゃんとぼく」製作委員会

終盤になって“いけちゃん”の正体が明らかとなる、ラブストーリーとしてヨシオと“いけちゃん”の関係をみてみると─
 “いけちゃん”は原作が絵本でありながらラブストーリーじゃないですか。恋愛ものが苦手でファンタジーものも苦手な私にとっては、こういう見せ方があったんだって、素直にすてきな話だなって思いました。
 夢もあるし、子どもにも見ていただきたいけど、女性に一番見てほしいです。恋愛を経験した女性の心に届くと思います。本当にすてきな恋愛。すごく深い愛を描いた作品だと思います。
 西原理恵子さんいわく、男の子にはそういう物が見えて、女の子は現実主義だから男の子の方が目に見えないものと会話をしてる事が多いとか。目に見えても見えなくても、他の人が入れない関係の2人がすごくいいなって思います。


“いけちゃん”を演じて一番難しかったのはどんなところだったのだろう─
“いけちゃん”はヨシオにしか見えない存在だから、“いけちゃん”とヨシオの距離感で正しい声のボリュームで会話をする時と、ヨシオと“いけちゃん”の距離は遠いけれど心の中で会話をしている時とか、そのバランスが難しかったですね。
 “いけちゃん”が空に帰っていく時は、本当ならあの距離だとあの声の大きさじゃ絶対に聞こえないはずなんだけど、その時は“いけちゃん”とヨシオは心の中で繋がって会話が出来ているから・・・。距離感の違いは、それは私が今までに経験したことがなかったことです。
でも本当にあのシーンは胸が苦しくなります。ヨシオの叫び声も良いんです。思いのこもったセリフですよね。また、それを“いけちゃん”が言うから良いんですよね。あれが、人間と人間だったら・・・。私もよりいけちゃんを愛おしく思ったシーンでした。
 難しさについてはどのシーンも難しかったので、特にあのシーンが難しかったということではないけれど、やっぱり最後の言葉にいけちゃんの全部の思いが入らなきゃ! と思ったので、ほかのどの台詞よりも大事に扱った感覚はあります。


次のページでは・・・
・蒼井優さんから「いけちゃんとぼく」にメッセージ

The following two tabs change content below.
羽渕 比呂司
羽渕 比呂司
 大阪ガス行動観察研究所社員