このエントリーをはてなブックマークに追加

映画詳細はこちら

 ネットシネマとしてWEB配信されてきた「探偵事務所5」シリーズ。この劇場版第3弾となる「THE CODE/暗号」が公開中だ。宅ふぁいる便では、林海象監督、主演の尾上菊之助さんにインタビューを行った・・・映画詳細はこちら>>



─現代劇に本格挑戦の五代目、尾上菊之助

 暗号解読の天才、探偵507(尾上菊之助)。依頼された暗号を解くために上海に渡る。そこで直面したのは解読困難な暗号。どうやら暗号のカギを握っているのは歌姫・美蘭(稲森いずみ)。解読のカギをもとめて上海マフィアや、謎のスナイパーたちも行動を開始する・・・誰が敵で誰が見方か!暗号バトルが展開される。

歌舞伎界のプリンスこと五代目、尾上菊之助さんが主演した。
探偵507について尾上さんは、

「本当の探偵は調査する。それは人を疑うということだと思う。でも、この探偵シリーズの探偵は人を信じることから始める、それが気に入りました」

と語る。本格的な現代劇での映画出演は本作がはじめてとなるが、

「発声方法、表現方法など演技術は、歌舞伎とはまったく違う、挑戦だった。最初は歌舞伎との共通点を探そうとしたけど、最近は別のものとして考えるようにしました。監督や共演者とコミュニケーションをとるなかで、乗り越えられた気がしました」



─本気で殴られた・・・本格アクション!

 物語では、暗号のカギをめぐって、さまざまな敵と戦うことになる。随所に激しいアクションシーンがあるが、尾上さんはほぼすべて代役なしでこなしたという、

「すべて自分でやることはいいとは思わないけど、自分ができることはしたいと言って取り組みました。アクションシーンは、本番がはじまるとみんな本気、タイミングが合わないと、当たるんですよね。本気で殴られたこともあります(笑)」



─往年の映画を支えたヒーローの「ありえない?」共演

 日活のアクション映画を支えてきた宍戸錠と、東映のスター俳優だった松方弘樹が共演しているのもみどころだ。

「2人は、ほとんど共演したことはないんじゃないかな、この作品が本格共演といっていいかもしれないですね。50歳以上の方にとっては面白い配役になっていると思う」(林監督)

2人の真っ向対決のガンバトルが繰り広げられる印象的なシーンがある。
その撮影風景を見ていた尾上さんは、

「『決闘だ!』と言って、戦いが始まるんだけど、もう、しびれましたね!」


次のページでは・・・
・探偵映画の総括として─
・林監督の「探偵バー」とは
・稲森いずみの暗号は解けず…


The following two tabs change content below.
羽渕 比呂司
羽渕 比呂司
 大阪ガス行動観察研究所社員