このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱり、決定的な言葉は男性から言ってもらいたい〜加藤ミリヤ『ニュームーン/トワイライト・サーガ』の試写会で男子に苦言!?



 11月24日、梅田ピカデリー(大阪市北区)で、映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』の試写会が行われ、日本版のイメージソング「Destiny」(11/18発売のシングル「WHY」のカップリング曲)を歌う加藤ミリヤさんがゲストで登場した。


[]加藤ミリヤ 1988年生まれ。シンガーソングライター。 2004年「Never let go/夜空」でデビュー
[]会場に詰め掛けたファンからプレゼントを受け取る。
[]草食系男子の増殖に一言!

『ニュームーン/トワイライト・サーガ』は、バンパイア(吸血鬼)と、人間との禁断の恋いを描いた「トワイライト〜初恋〜」の第2弾。アメリカでは不況になるとバンパイアブームが起きると言われ、近年大流行している。さきがけて公開された全米での公開3日間の興行収入は127億円を突破し大ヒットを記録中だ。映画の詳細はこちら>>

「バンパイアと人間の愛、それは、誰にも止めることができない、揺るがすことができない、二人が愛し続けるのは運命なんだ、そんなメッセージを込めました。」


 映画の世界観をイメージして作詞・作曲した「Destiny」について語った。また、バンパイアの主演・エドワード役のロバート・パティンソンと対談した時のエピソードを披露した。

「役と一緒で、控えめで謙虚、めっちゃ、めっちゃいい人でした(笑)。『Destiny』も映画と合っていていい曲だねって言ってもらいました。歌詞の意味が分ればもっといいのにって残念がってた。」



 恋愛がテーマの本作にちなみ、気になる男性がいるときどうするのかと尋ねられると、

「最近の男性はぐいぐいとこない、女の子の方が積極的。出来れば男性からきて欲しいけど、感情が高まれば自分からご飯を誘ってみたりするかも。でも、決定的な言葉は男性から言ってもらいたい。言ってもらえるように促せたら恋愛は楽だな(笑)。」

 とダメ出しする一言も。

「運命に導かれて、この映画に出会えたから、『Destiny』が出来た。素晴らしい曲になったのもこの映画のおかげ、映画もお世辞抜きで楽しいから観てね。」

 最後、会場のファンからプレゼントを受取った加藤ミリヤさんのコメントで終えた。

 美少年バンパイアと美少女との恋物語に加え、オオカミ人間も入り交じり、リアル・ファンタジーが展開『ニュームーン/トワイライト・サーガー』は、11月28日(土)より、梅田ピカデリーほか、全国公開される。



[取材:11月24日 梅田ピカデリー(大阪市北区)]
写真/文 羽渕比呂司

The following two tabs change content below.
羽渕 比呂司
羽渕 比呂司
 大阪ガス行動観察研究所社員