このエントリーをはてなブックマークに追加

加護ちゃんが監督の結婚を暴露?!『華鬼 三部作』完成披露の舞台挨拶で


 11月15日、TOHOシネマズ西宮OS(兵庫県西宮市)で『華鬼 三部作』の完成披露が行われ、寺内康太郎監督と、三部作それぞれのメーン出演者(『華鬼×神無編』荒木宏文、逢沢りな 『麗二×もえぎ編』細貝圭、川村ゆきえ 『響×桃子編』村井良大、加護亜衣)が登壇し、舞台挨拶を行った。



 映画『華鬼 三部作』は、累計25万部を記録した小説『華鬼』が原作、映画は3部で構成されており、11月21日(土)より1週間毎に連続公開される。


[]左から)荒木宏文さん、細田圭さん、村井良大さん

 第1部に主演、鬼の頭・鬼頭を演じたのは、「大奥 浮絵悲恋」「ビートロック☆ラブ」など主演映画が続くD-BOYSの荒木宏文さん、荒木さんは兵庫県出身で、地元での完成披露イベントが出来たことに嬉しさを隠さない。

「『華鬼 三部作』は僕にとって、嬉しいことが凄く詰まった作品、参加できて幸せでした。生まれた地で完成披露ができるって、幸せ、嬉しいです。」(荒木宏文)


『華鬼×神無編』の1シーン

  人里離れた山奥にある「鬼ヶ里」。数百年の時を若い男の姿で生き続ける鬼達がいた。そこに、生まれる前から鬼と結ばれる運命だったという少女達が連れてこられることになる─。物語は鬼と人間とのラブストーリーが展開する。映画の3部作では、1部の裏側を描いていたり、過去を描いていたり、複雑にリンクし、イケメン×美少女、学園ドラマの要素を取り入れ、若い世代にアプローチする。

「原作は、4冊。若い人たちにとても人気のある小説です。でも世界観が複雑で、映像化するには難しいと思ったけど、半年かけて脚本を書きました。完成して、メーンキャスト6人が揃うのは今日が始めて、僕にとっては貴重な日になりました。」(寺内監督)



[]関西登場は珍しい加護亜依さん
[]グラビアから女優まで活躍、川村ゆきえさん

『響×桃子編』で土佐塚桃子役で出演し、奈良県出身の加護亜依さんは、関西弁で挨拶、

「関西のみなさんの前で挨拶できるのは、はじめて。うれしい。みんなの顔がよく見えるよー」(加護亜依)



 映画はオール石川県ロケ、学園ドラマの要素もあり、和気藹々とした雰囲気の中で撮影は進められたという。しかし、2部『麗二×もえぎ編』に出演した川村ゆきえさんは、学校でのシーンがなく残念な様子、

「1部と3部は学校のシーンがあって、凄い楽しそうでした。撮影の合い間、共演の五十嵐令子ちゃんがまだ高校生で、夏休みの英語の宿題を手伝ってあげたんだけど、携帯で必死に調べたり(笑)。でも変な英語になってしまって、迷惑をかけたんじゃないかって思います(笑)。」(川村ゆきえ)

「女の子たちで、森をさまようシーンが印象的。ミミズとか、セミが照明に近づいてきて、友達になれたかも(笑)。蛾がいて、細貝君に向かって飛んで行って、それに細貝君が凄い驚いていて、男らしさは無かった(笑)。」(加護亜依)


まだまだ続く(次のページでは・・・)
・キャンペーンも最後、最後のメッセージ
・加護ちゃん、監督の結婚を暴露?!


The following two tabs change content below.
羽渕 比呂司
羽渕 比呂司
 大阪ガス行動観察研究所社員