このエントリーをはてなブックマークに追加

─道頓堀でリバーカーペット〜「レッドクリフ PartII」大阪でジャパンプレミア開催

映画詳細はこちら

前作は5週連続1位、興行収入50億の記録を打ち立てたジョン・ウー監督による三国志「レッドクリフ」の続編が公開。赤壁の戦いを壮大なスケールで描く・・・映画詳細はこちら>>



─道頓堀が最後の決戦の場に?!

 4月2日、大阪で「レッドクリフ Part II」のジャパンプレミアが開催され、ジョン・ウー監督のほか、トニー・レオン(45)、金城武(35)、チャン・チェン(32)、リン・チーリン(34)らメインキャストが集結。
 カーネル・サンダースが引き上げられ話題となった大阪・道頓堀川では、孔明が一夜で10万本の矢を集めたシーンを再現し、矢を打ち立てた船で登場した。



─まいど、カーネルおじさんに会いに来ました!

 当日は冬型の気圧配置で北寄りの風が吹き、気温は約10℃。花びえのなかキャストらは、道頓堀周辺に集まった大勢の観客に向かって船上から挨拶を行った。

 金城武さんは「こんにちは!大阪に来てとても興奮しています」また、台湾の人気モデルで、先頃、くびれ水着ショットを披露し話題になったリンチーリンさんは、胸元を大きく開けた大胆な衣装で登場し、日本語で「まいど!今日はカーネルおじさんに会いに来ました!」と言い笑いを誘っていた。



─ヒット祈願1000本目の矢

 船に刺さった5000本の矢の中には、一般から募集した999本の“未来への願い”を託した願い事が書かれた矢が刺されており1000本目の願いとして、最後ジョン・ウー監督がヒットを祈願した矢を刺した。

 監督は「この映画は、友情、勇気、愛を描いたもの、PartI以上にみどころがある仕上がりになっている、是非見てほしい」と語った。

 “未来への願い”を聞かれた金城武さんは「みんな、夢をもって、信じて将来に向かっていけるようになってほしい。・・・でも、とりあえずレッドクリフを観てほしい」と映画をPRした。


映画「レッドクリフ PartII」は4月10日(金)より全国公開される。

《関連記事》メインキャストが大阪に集結!〜「レッドクリフ PartII」大阪でジャパンプレミア開催


[4月2日取材:大阪市中央区道頓堀]
写真/文 羽渕比呂司

The following two tabs change content below.
K-LAB