このエントリーをはてなブックマークに追加

映画詳細はこちら

日本初となる本格3D映画。日本の撮影環境に会わせ独自に3Dカメラを開発したという力の入れ様で、スクリーンに恐怖が飛び出す !映画詳細はこちら>>



公開中の『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』監督の清水崇さん、出演した柳楽優弥さん、蓮佛美沙子さんにインタビュー


_主演は「誰も知らない」の柳楽優弥

 富士急ハイランドにある廃病院をモチーフにした世界最長のお化け屋敷「戦慄迷宮」が舞台。お化け屋敷なのか、病院なのか、迷い込んだ男女5人に次々と恐怖が襲いかかる―。

 主演は「誰も知らない」でカンヌ国際映画祭の主演男優賞を最年少で受賞し、一躍有名となった柳楽優弥さん、本作の一番好きなシーンを尋ねると、

「最後、悲鳴を上げているシーンかな。でも、みんなは、俺がウサギの人形をぶら下げて立っているシーンが良いって言うんですよね。でも“気を抜いて”言われたから、ウサギの人形をただブラブラさせていただけで、あんまり気合いが入ってない。気合いを入れて撮ったシーンを褒めてくれるなら共感できるんだけど・・・みんながそこのシーンが好きって言うなら俺も好きなことにしとく(笑)」(柳楽)


[写真クリックで拡大] 柳楽優弥 1990年生まれ。「誰も知らない」でカンヌ国際映画祭・最優秀男優賞を受賞。一躍話題となったのは記憶に新しい。
[写真クリックで拡大] 蓮佛美沙子 1991年生まれ。スーパーヒーローオーディション(37789応募)グランプリを獲得。「犬神家の一族」(93)で女優デビュー。

 謎の少女・由紀を演じた蓮佛美沙子さんの好きなシーンは?

「富士の樹海は、びっくりするほどきれいですね。でも、柳楽さんがウサギをブラブラさせてる所かな(笑)。怖いけどキレイと思えたのは、3D映画ならではなんじゃかいかと思います」(蓮佛)

 撮影中の柳楽さんについて、清水監督は、

「元気な日とそうでない日があって毎回、突っ込まれてたんだけど(笑)、元気な日は、セリフが少ない日で、セリフが多い日は凄い静か(笑)。取り調べ室の撮影の時は、松尾スズキさんが相手役で、さらに、陣中見舞で、是枝裕和監督と石井聰亙監督が現場に見に来ていて、さすがに僕もやりづらくて、陰で柳楽くんと二人で『やりずれー』って言い合ってたけど(笑)」(清水)


_「呪怨」シリーズの清水監督

 昨年末あたりから、公開が一気に増えた3D映画。だが、ほとんどはハリウッドで製作されたものだ。日本でも製作のノウハウをもたないといけないと危機感を募らせたプロデューサーの谷島正之氏が製作を決意したという。監督の清水崇さんは、

「これまでの3D映画というと、子ども向け、ファミリー向けで、僕が監督するとなると、ホラーの派手なものが期待されていて、意識はしないといけないのかなって思った。けど、単純なホラー映画にはしたくなかったんです。今回は、スリラーと言いつつも、ホラーの部分を押さえ、ダークファンタジーの要素を入れました。」(清水)

 清水監督といえば、Jホラーのブームの火付け役となった「呪怨」シリーズを手がけてきた。ハリウッドでも活躍する。その素顔は、終始笑顔が絶えず、実に明るい。清水監督の印象について、蓮佛さんは、 「怖い映画を撮っている監督っていうことは知っていたので、ただ怖い監督っていうのを想像していたんですけど、会った瞬間になんだこの人は?、なんでこんな面白いんだろうって思いました(笑)。現場でもずっとこんな様子で・・・」(蓮佛)


_日本から発信する3D映画の今後

撮影シーン

 3D上映対応の劇場は着々と増えており、映画館の増収対策として期待されている。また家庭用のテレビや再生機器でも3Dへの対応が相次ぎ発表されるなど、日本映画界でも3D化の流れは本格化してゆきそうだ。

 俳優として活躍が大いに期待される2人に、今後の3D映画について聞いてみると、

「ダイハードが大好きなんで、3D版を見てみたい。ダイハード4で、消化器を放りなげて、それを銃でうって爆発するシーン。迫力あると思う」(柳楽)

「バンバン絵が飛び出すっていうのだけだと、すぐに飽きてしまうんじゃないかと思う。人間の心理描写を3Dでやってみたら面白そう」(蓮佛)

 清水監督は、3D映画を日本で製作する場合、ハリウッド映画との、違いを明確にしておかなくてはいけないと語る。

「CGはもう当たり前で、今では何でもできるけど、数年前までは違った。3D映画も、今はメガネかけないといけないけど、もっと当たり前になったらいいなって思いますね。でも、派手なものは、どんどん北米からくる。僕がやるなら違うものにしたいです。例えば、二人きりの生活を覗いているような大人の純愛ものなんてどうかなって思ってます。ほら、みんな芸能人の恋愛に興味あるでしょ。僕はなんでみんなそんな注目するのかんないんだけど(笑)でも、みんな見たいんじゃないのかって」(清水)


次のページでは・・・
・やっぱりあった?恐怖騒動!

The following two tabs change content below.
羽渕 比呂司
羽渕 比呂司
 大阪ガス行動観察研究所社員