このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年04月08日 配信

3月25日、映画『高校デビュー』の舞台挨拶が、朝日生命ホール(大阪市中央区)で行われ、主演した大野いとさんと、お笑いコンビ響の長友光弘さんが登壇した。



『高校デビュー』は、同名の人気コミックが原作。恋愛に興味を抱きながら高校生になったもののうまくいかない女子高校生(大野いと)が、恋の手ほどきを先輩男子高校生(溝端淳平)にコーチしてもらうという青春ラブコメディ。

「撮影の初日は緊張したけど共演者やスタッフの方が優しい人ばかりで楽しく演じられました。」(大野)

「出演時間は1分。でも私のシーンまで6時間かかりました。横でマネージャーとキャッチボールしたり、競演の女子20人ぐらいと、『女って難しいよね』ってガールズトークして時間を潰してました。」(長友)

主演した大野いとさんは、福岡県出身の15歳。この春から高校生になる。本作で女優デビューした。

「4月から高校生です。まだ付き合ったことがないので、高校生になったら恋愛にチャレンジしたい。」(大野)

「私は、星の数ほど恋愛を経験、同棲もした。でも2週間前に彼女に振られたところ。今は、彼女が連れてきた犬と暮らしてます(笑)。」(長友)

震災のことにも触れ、「地震が起きたときはとても悲しい気持ちになりました。今は募金とか、節電とか、できることは少しだけかもしれないけど、続けて行きたい。」(大野)「被災しなかった人は、ちっちゃなことでもいいんで、できることを長いスパンで行動していけば被災された方の喜びにも繋がるのでは」(長友)と語っていた。

映画『高校デビュー』は、現在全国公開中。
◇映画詳細はこちら


関連情報-笑顔を届けて日本を元気にしたい『高校デビュー』出演した岡本玲インタビュー

関連情報-『高校デビュー』主演大野いと、お笑いコンビ響・長友、被災者チャリティー募金活動に参加



3月25日 大阪市市内
取材/写真・文 羽渕比呂司

The following two tabs change content below.
羽渕 比呂司
羽渕 比呂司
 大阪ガス行動観察研究所社員