このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年05月09日 配信

7日、大阪駅に新しく開業した大阪ステーションシネマ(大阪市北区)で、松本人志監督『さや侍』の舞台挨拶があり、松本人志監督、主演の野見隆明さん、板尾創路さん、熊田聖亜さんが登場した。



『さや侍』は、脱藩した罪により囚われの身になったさや侍が、30日以内に若君を笑わすことができたら無罪放免、失敗すれば即切腹という状況に追い込まれ、必死で笑いの業に挑むという内容。野見さんは、以前に素人番組に出演して主演に抜擢されたものの演技経験はゼロ。



「完全な素人だから、ギャラがいらない。映画がヒットしなかったら、あいつのせいだとなするつけることができる。撮影の時には、本人には映画だとか、僕が監督しているとかは教えなかった。共演者には絶対に笑わないでくれ、挨拶しても無視してくれと言っていました。かなり過酷な状況を与えたけど、そうしないと緊張感が出ない人なんです。お殿様の國村さんは笑うのを相当こらえていたようですけど。」(松本)

「撮影の時、かつらが蒸れて痒かったんです。コーヒーを混ぜるプラスチックの細いマドラーで掻いていたら、もうちょっと奥も奥もってなってくるんです。そうして掻いていたら、突然中で折れて出てこなくなってしまったんです。結構重要なシーンだったんだけど、取る時間もなくマドラーを挟みながら本番。逆にマドラーが頭に挟まっていることでいい芝居が出来たかも。」(板尾)

「野見さんと最初に会ったのはカメラテストのとき、その時すごく絡みづらくて……。撮影が不安でした。」(熊田)

監督3本目となる本作は、笑いをとことん追及するという姿勢は変わらない一方で、わかりやすいストーリー、後半にかけては哀しみを抱かせる構成となっており、これまでとは違った印象の作品になっている。



「板尾はコント時代の印象が強かった。映画やドラマで活躍しているのは知っているけど、あまり人のは見ないので、今回しっかり見てみると本当に芝居がうまくなったなあと思いました。この映画は、板尾と聖亜ちゃんの二人に引っ張ってもらったと思います。これまでと違って真面目に作りました。野見さんは真面目、一生懸命やる姿は最後には格好よく見えてくるんですけど、カットをかけた後はやっぱり気持ち悪い。もう二度と会いたくないです。」(松本)

松本人志監督『さや侍』は6月11日(土)より全国公開される。
映画詳細はこちら


関連情報-理想の娘を登場させた─。松本人志監督『さや侍』


4月7日 大阪ステーションシネマ(大阪市北区)
取材/写真・文 羽渕比呂司

The following two tabs change content below.
羽渕 比呂司
羽渕 比呂司
 大阪ガス行動観察研究所社員