このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年05月17日 配信

13日、大阪市内で映画『パラダイス・キス』の試写会があり、主演した北川景子さんと、向井理さんが舞台挨拶を行った。



北川さんは、進学校に通う真面目な高校生・早坂紫役を向井さんは、天才肌でデザイナーを目指すジョージ役を演じている。今回初めての競演。

「最初はクールで無口なイメージだったんだけど、撮影に入るとよく話してくれました。でも、ちょいちょい天然になる(笑)」(北川)

「気の強そうな子というイメージで、実際も気の強いところも、いや、まじめっていうのか…」(向井)

とお互いの印象を語る。『パラダイス・キス』は、矢沢あいのコミックが原作。物語は、進学校に通う優等生が、デザイナーを夢見る青年たちと出会うことで互いに感化され、それぞれの夢に気付き、その夢に向かって歩み始めるという青春ストーリー。ファッションを題材にしており、ニューヨークや、神戸コレクションの会場でロケが行われ、登場する豊富なアイテムも見どころ。

「当時はぷよぷよしていたので、ダイエットをして撮影にのぞみました。お菓子、お酒も好きなんですけど、節制、断食まがいなことをして。」(北川)

「自分とは違う難解な男だったんで、どこまで伝えられるのかと思いました。撮影中は服にシワが出来ないように、待ち時間は余り座らず立っていることが多かったです。」(向井)

昨年の夏に撮影が行われ、体型や衣装への気遣いのほか暑さにも耐えて苦労した様子。最後に映画のテーマである夢について尋ねられた二人は、「好きな焼き肉を一生食べ続けられるように健康でいたい」(北川)「毎日、二度寝したい」(向井)と願望を答えていた。

映画『パラダイス・キス』は6月4日(土)より全国公開される。
映画公式HPこちら




5月13日 なんばパークスシネマ(大阪市中央区)
取材/写真・文 羽渕比呂司

The following two tabs change content below.
羽渕 比呂司
羽渕 比呂司
 大阪ガス行動観察研究所社員