このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年01月21日 配信

映画『グリーン・ホーネット』(1月22日公開)の公開記念イベントがなんばパークスシネマ(大阪市中央区)で行われ、お笑いコンビますだ・おかだの増田さんが主人公のダメな2代目新聞社社長に扮して登場した。



『グリーン・ホーネット』は、街にはびこる悪を懲らしめるため、資金力のある2代目新聞社社長のブリッド・リードが、お抱え運転手のカトーと共に表と裏の顔を使い分け、解決に挑む。ギミック満載の改造車などでの派手なアクションが展開。もともとアメリカでラジオ番組としてはじまり、1960年代にはTV版が制作・放映された。TV版ではブレイクする前のブルー・スリーが出演しており、これが出世作と言われる。このたびセス・ローゲン、ジェイ・チョウ、キャメロン・ディアスらが出演し、実写3D映画としてリメイクされた。

 主人公のように表と裏の顔の使い分けについて聞かれた増田さんは、「表の顔は松竹芸能所属の漫才師、裏の顔はよしもとファン。いまだになぜ松竹に入ったのかと思っている(笑)」と答えた。また韓流映画ばかり観ていて、洋画はタイタニック以来だったというが、映画の感想について、「3D映画もはじめて。アクションも凄いけど、キャメロン・ディアスの豊満な胸元も飛び出して凄い、いろんな楽しみ方がある」と語っていた。

映画『グリーン・ホーネット』は1月22日(土)より全国公開される。
◇公式HPはこちら

1月20日 なんばパークスシネマ(大阪市中央区)
取材/写真・文 羽渕比呂司

The following two tabs change content below.
羽渕 比呂司
羽渕 比呂司
 大阪ガス行動観察研究所社員