このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年07月06日 配信

 71歳を過ぎた今も日本全国を巡りファンを魅了し続けている双子デュオ“こまどり姉妹”。この二人の半生を追ったドキュメンタリー映画『こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』が大阪でも公開された。姉妹に3年以上密着取材、また往年のファンが個人的に撮影していた貴重な映像なども収められている。この映画の公開イベントで大阪を訪れ会見を行った。


姉・長内栄子さん(写真左 以下:姉・栄子)
映画を観ると昭和のニュースや、歩いてきた道が細かく描かれていて感謝しています。まだまだたくさんフィルムが残っていたけど、思いが繋がる場面を出してもらっています。自分たちが映画を観ると、すぐに昔に返ってしまって、涙々。この年まで生きてきてよかったって思います。

妹・長内敏子さん(写真右 以下:妹・敏子)
最初は、ちょっとしたニュース程度の映画かしらって思ってたけど、こんな立派につくってもらえて、人間、長生きするもんだなって思いました。この映画から、何かを感じてもらって、人生のお役にたてれば嬉しいです。映画のことを、改めて話すとまた泣いて、顔が崩れて…。朝3時に起きて顔を作ってみたけど…。映画では良く撮っていただけました(笑)。

(姉・栄子)
タイトル、ビートルズの大ファンなんで、もの凄く気に入りました。地方に行ったときは、ビートルズの曲を持っていって、よく楽屋で聞きながら仕事していたぐらい。でも、最初タイトルを聞いたときは何で?って思いました。高齢者の方は分かりませんよ!(笑)。監督にその事を言ったら、「若い人に観て欲しいから付けたんですよ」って言うんです、だから今度は、若い人たちは、私たちの事を分かりませんよ?って言ったんです。そしたら、監督さんは、「ヤァ!ヤァ!ヤァ!は外さない、通して下さい」って言われたから、もう、お任せしました。好きなビートルズの曲ですか?英語でわからないんですけど。全部好きなのよね、大雑把に生きてますので(笑)。

(妹・敏子)
母親は、秋田生まれで声がよかった。母親は芸事が好きで歌手になりたかったみたい。でも私たちを産んでしまって、そういう道に行けなくなった。だから母は近所の人を集めて、民謡を歌っていて、私たちはそれを聞いていました。

(姉・栄子)
学校に行ったり、普通の家庭で育ちたかった。父は炭鉱夫で、母は闇米を売って歩いていた。子どもながらに、親の姿を見ていて、親のために一生懸命してあげないといけないんだとか、生きるって厳しいんだなとか感じてきました。野草を食べたり、よその畑に入って、ちょっとお借りして食べて生きてきました。若い人は「死にたい」っていうことがあるかもしれないけど、それを乗り越えてがんばると、その先に「生きていて良かった」ってことが起こるので、がんばってほしいなって思います。生きているうちは苦労が当たり前。生きている方が死んじゃうより苦しいですよ。生きる事って凄い辛い、小さい頃から感じています。今も、戦後直後のような不景気で困る時代。一番苦しい時代ですよ。みなさんに乗り越えるよう頑張ってもらいたい。

(妹・敏子)
若い方に感じて頂きたいのは、誰も助けてくれない。自分の知恵っていうか、幸せを感じる心をつくっていかないといけない。人に頼らないで、欠点と良さを自分で見つけ出して、生きるってことに命をかけて、私たちのこの映画もみて、何か工夫をしてもらって、いろんな意味で、力をつけてもらいたい。昭和の時代のことをも知ってもらいたいです。今は幸せな部分と、幸せすぎてつかみどころがないというか、何処に幸せをみつけていいのかと思っている時代だと思う。でも、人間の原点を振り返ると、動いているということが奇跡、歩ける幸せ、一つ一つがそう。原点に返ると幸せがいっぱいある。

(姉・栄子)
情熱や、何度倒れても起き上がる執念深さをもって欲しいですね。私たちは、仲間同士、歌手同士で喧嘩したこと無いんです。他の人は、楽屋で常に喧嘩する。そうすると喧嘩に負けた方は、歌手を辞めて行くんですよね。もったいないことに(笑)。こんな世界は嫌だとか、先輩にイジメられたとか言って。100人デビューしたら、80人か90人は辞めて行く。私たちは絶対に喧嘩しないで、舞台で勝負しようって言ってました。お客さんから、どれくらい拍手をもらえれば生きていけるかなって、ステージ横で、どれだけ勉強していたか分かりません。

こうやって、いつも話をしていて横道それちゃうんですよ、話が好きで(笑)。女・きみまろさんですよねって言われます。私たちも喜んで帰ってもらわないと、自分たちの役目がないって思ってますので、今でも頑張っています。でも、横道それちゃうんですよね。


決して華やかとは言えない苦難の連続の人生を、昭和史とも重ねながら時にユーモラスに綴る「こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」は大阪・第七芸術劇場、京都・京都シネマほか全国順次公開される。

●こまどり姉妹─姉・長内栄子さん(写真左)、妹・長内敏子さん(写真右)
1938年、北海道・釧路の炭鉱で生まれる。1951年上京し浅草で流しとして歌い始る、スカウトされ、1959年コロムビアから「浅草姉妹」としてデビュー。その後、一般公募により「こまどり姉妹」に改名。2009年レコードデビュー50周年を迎えた。

5月31日 大阪市内
取材/写真・文 羽渕比呂司

The following two tabs change content below.
羽渕 比呂司
羽渕 比呂司
 大阪ガス行動観察研究所社員