このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年07月27日 配信

『NECK ネック』(8月21日公開)の公開記念イベントが、大阪・梅田にある複合ビルE〜ma(イーマ、大阪市北区)で行われ、出演した相武紗季さん、溝端淳平さん、栗山千明さん、平岡祐太さんが登場した。

『NECK ネック』は、人間の恐怖心から、実際にお化けを作りだせるのではないかと大学で研究する相武紗季さん演じる真山杉奈と、その杉奈に告白することをきかっけに実験台にさせられてしまう溝端淳平さんが演じる首藤友和を中心に繰りろげられる恋愛とホラーが融合したストーリー。



 兵庫県宝塚市出身の相武さんはこの日は実家から来たといい、「日が落ちる手前から、明け方までの撮影が多く、ナチュラルハイになって、共演者同士でいろいろ喋りあった」とエピソードを語った。栗山さんは、「平岡くんの天然ぶりが印象的、溝端くんは先輩思い、相武さんはしっかりものの自由人、みんな性格がバラバラで面白かった」と撮影を楽しんでいた様子。

 イベントでは劇中で実際に登場する“ネックマシーン”が置かれ中には大阪名物・くいだおれ太郎が入り、謎かけを披露、「映画『NECK ネック』とかけまして、道端に落ちていたたこ焼きを食べた食い倒れ太郎と説きます。その心はどちらも当たる!」とエールを送る場面もあった。

 溝端さんは、「恐怖からお化けが出てくると考え、恐怖を倍増させてお化けを造りだすのがこのマシーン、相武さんの実験台になるのが僕なんです(笑)、ホラー映画なのに胸がキュンとする、アトラクションのような映画、この夏は映画館でキュンキュンしてー!」。相武さんは「恋のドキドキ、恐怖のドキドキが同時に体感でききる映画、恋人や友達と、わいわい観てください」と集まったファンにPRした。

『NECK ネック』は8月21日(土)より全国公開される。

7月20日 E〜ma(大阪市北区)
取材/写真・文 羽渕比呂司

The following two tabs change content below.
羽渕 比呂司
羽渕 比呂司
 大阪ガス行動観察研究所社員