このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年08月31日 配信
左から 原作のみひろ、主演の渡辺奈緒子

 映画『nude』(9月18日公開)は、当時、現役で活動していた人気AV女優が心境を赤裸々に綴った同名小説が原作。AV女優の道に踏み込んだ少女の不安と葛藤を描くストーリー。小沼雄一監督と原作のみひろさん、そして映画初主演でAV女優役を演じた渡辺奈緒子さんに話を聞いた。


 原作はみひろさん。新潟の高校を卒業後上京、空港の警備員として働いていたが、密かに抱いていた芸能界への憧れと、「1番になりたい」という思いからグラビア、やがてAVの道へ進むことになる。WEB連載していた私小説が反響を呼び2009年5月に出版された。

(みひろ)
小説を書いているとき、映画やコミックになればいいなって夢を語っていました。漫画になり今回、映画化されて言っていることがどんどん叶う。これもマネージャーさんやいろんな人の協力があってこそ。本当に嬉しかったです。

マネージャーさんとのやりとりで「お金のためにAV女優にさせるの」とか、当時の彼氏にAVのことを告白して、逃げて行かれるシーンもリアルに描かれていて、観ると辛くなりました。でも「AVしてるからダメだよ」とかいろいろ言われても、自分を信じて夢を実現してみせる。突き進んで行ったら出来るっていうのを感じてくれると嬉しいです。

写真で渡辺さんを見た時は、凄い大人っぽくて、私とはタイプがちがうなっていうのが第一印象でした。でも、会うとほんわかしてて、喋っているうちに、鼻歌を歌うとか、恥ずかしくなると顔が赤くなるとか、似ているところがたくさんある。引き込まれて行って、映画が出来るのが楽しみでした。


 映画初主演でAV女優役に挑戦したのは、1984年生まれ26歳の渡辺奈緒子さん、「東京大学物語」(2006)で女優デビューし、その後「リアル鬼ごっこ」(2008)、「少林少女」(2008)などに出演してきた。

(渡辺)
最終的には、決断をしてAV女優を選ぶんだけど、普通の女の子が自分と向き合いながら歩いてゆくという物語、AV女優の映画だとは思っていないです。脚本を読んで心が揺れた作品。この役を表現してみたいって思いました。

AVのシーンは2日かけて撮影しました。1日目は本当にいっぱいいっぱいで、あまり憶えていないんだけど(笑)。2日目はちょっと慣れて、アングルを変えていろんな絡みを撮影しました。でも結局、R指定が入ってしまうということで、大幅削除になってしまったんです。あのシーンは何処へ行ってしまったんでしょうね(笑)。


 監督は小沼雄一さん。池田敏春、緒方明、行定勲らの助監督を務めたのち、2003年に商業映画監督デビュー。主な監督作品に「道程放浪記」、「結び目」などがある。

(小沼監督)
男性がAV女優と聞くと欲情の対象として見ます。女性側からすると、若いのにこういう職業を選んで大変とか、そういう見方になる。今回は本人の立場に近付いて作りたいなって思いました。AVを入り口としながらも、青春の一コマを描くことがテーマでした。

ピンクは男からみた女性の象徴のような色。本人の視点で描きたかったから、ピンクを排除しました。ピンクを排除した映像にすることで、AV女優をちょっと引いて見てみる。映画とAVの撮り方の違いを出したかったんです。AVの撮影指導のスタッフから、「水色のシーツはまずいですよ。AVで使ったらクレームがつくから、普通は使いません」って言われて、逆に狙い通りだって、その時確信しました。


(みひろ)
当時、グラビアやVシネマの仕事をよかれと思ってやっていたところへ、プロデューサーから「中途半端」と言われ、バッサリ切られた衝撃は大きかったです。負けず嫌いな性格で、メラメラと燃え上がったのを憶えています(笑)。一度しかない人生、これが最後の掛け、やっちゃえ!ってAVの世界へ飛び込みました(笑)。 でも、凄く悩んで、失ったものも多かったと思う。今はあきらめないでよくやってこれたなって思っています。劇中で、撮影が辛くてトイレに閉じこもっていた時、先輩から「あなたプロなんだから、ちゃんとやりなさい」って言われるシーンは、先輩は架空の人物で、実際には自分自身でいつも言い聞かせていた言葉なんです。

(渡辺)
今の事務所に入ったのは1年半前、マネージャー兼社長の個人事務所です。人生をかけて私のために動いてもらっています。私も、それに応えて上に行きたいって思っています。もっと仕事をしたいって欲がでてきて楽しめるようになってきました。去年写真集を出して、それがきっかけになってこの映画と出会うことができました。私のターニングポイントは、今の事務所に入った瞬間だと思っています。みひろさんも、社長さんとずっと二人三脚でやってこられていて、共感できました。

 映画『nude』は、東京・9月18日よりシネマート新宿、大阪・10月シネマート心斎橋ほか全国ロードショーされる。



8月25日 大阪市内
取材/写真・文 羽渕比呂司

The following two tabs change content below.
羽渕 比呂司
羽渕 比呂司
 大阪ガス行動観察研究所社員