このエントリーをはてなブックマークに追加

 昔のデパートの食堂とか、町の中華料理店とか、高速道路の大きなサービスエリアにあるレストランなんかで、入店する前から私たちの食欲を刺激してくるもの・・・それは食品サンプル。おいしそうに見えるのはもちろんのこと、スパゲッティが立ち上がって空中にフォークが浮いているものや、ラーメンどんぶりから湯気が出る工夫がされているもの、最近だと回転寿司の回転台ごと作ってあるものも見かけたりして、どこか食品サンプルはクスッと笑いそうになるユーモラスな進化を続けている印象があります。おいしいそうなだけでなく、楽しそう。しかも、食品サンプルは世界中に存在するわけではなく、日本で生まれた独自の文化なのだそう。こうやって考えてみると、実は中々奥深いかもしれない食品サンプルの世界を垣間見るべく、調理道具屋の立ち並ぶ「かっぱ橋道具街」へと足を運んでみました。

 目指すはもちろん、食品サンプル屋さん。お店に入ってみると、さっそく色んなサンプルが。パラパラッと炒められたごはんの感じが実においしそうな炒飯や、ツヤがリアルすぎるお茶漬けやラーメンのサンプルも。かと思うと、ちょっと笑ってしまうお寿司のマグネットや食パン型のスイッチ。はたまた、ステーキ肉に鼻緒を付けたビーチサンダルや、宙に弧を描くアーティスティックなポテトチップスなど、謎のオブジェ風食品サンプルまでが、ずらり。やはり、踏み込むほどにクスッとくる笑いをまとう食品サンプルの世界。これはもう少し深く首を突っ込んでみたくなります。そんな人にうってつけなのが、食品サンプル製作体験。実際に、食品サンプルを自分の手で作ることができる訳です。予め予約を入れ、私も体験させて頂きました。

 製作体験ができるのは、合羽橋交差点そばの「元祖食品サンプル屋」さん。1階のお店のレジで予約した旨を伝えると、しばらく店内で待つようにとのこと。それで店内をあちこち見ていると、連休明けと言うのに親子連れやデートのカップルなどが、製作体験にどんどん集まってきます。毎日、3回ずつ行われているのに、私が参加した回にも結局9人の人が集まりました。(ちなみに5月の連休中は予約が取れませんでした!)

The following two tabs change content below.
諸岡 なほ子
諸岡 なほ子
福岡県大牟田市出身のタレントで、現在、一児の母。作詞家(MONA)としても活動。趣味は読書、散策、落語鑑賞、お祭見物&参加。世界遺産検定2級取得。TBS系「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンター、MBS「住人十色」訪問者など多数出演。著書に『地球のどこかの秘境から』(実業之日本社)。
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/nahoko/