このエントリーをはてなブックマークに追加
クリックして拡大

突然変異で驚異の力を身につけた4匹の亀の忍者が、巨悪と激闘を繰り広げるアクション映画『ミュータント・タートルズ』(全国公開中)。その公開を記念したイベントが先日、大阪・梅田ブルク7で行われ、宣伝隊の2組のお笑いコンビ、ジャルジャルの後藤淳平と福徳秀介、スマイルの瀬戸洋祐とウーウエイよしたかがタートルズの格好で登場した。

タートルズは、それぞれに自分流の武器を持って戦う。4人も、それを模して武器を携えたが、ひとりだけテニスのラケットを持つウーウエイよしたかに、瀬戸「何かおかしくない?」とツッコミをいれると、「こんにちは、錦織圭です。ちょうどストレート勝ちをしてきました」と笑いをとった。

ジャルジャル、スマイルは一緒にイベントもやっているなど仲が良く、この日も「イベント前にこの衣装を着てふざけあっていたら、(映画関係者に)『ほんまにタートルズみたいですね』と言われました」(後藤純平)と話す。

成長するにつれて、体が大きくなり、さらに父親代わりのネズミ・スプリンターからハードな特訓を受けて、カンフーなどの格闘技を身につける。さらに、激しい銃撃をあびても、背中に背負った分厚い甲羅で弾をはねかえす。そんな甲羅を背負ってイベントを進めるうちに、「今年のハロウィンはこのコスプレで決定や」とウーウエイよしたかが終始ハイテンションだったのは対照的に、福徳秀介は「思っているよりも、この甲羅、重いですね」と弱音を吐きっぱなしでイベントは終了した。

映画『ミュータント・タートルズ』は全国公開中
◇公式HPはこちら
◇映画コラムはこちら


取材/文 田辺ユウキ(映画評論家)

The following two tabs change content below.
田辺 ユウキ
田辺 ユウキ
1979年生まれ。関西を拠点に映画評論家としてレビューやインタビューの執筆ほか、また映画と音楽のプロモーターも務める。2014年に大阪市映像事業「CO2」プロデューサー就任。「大森靖子映画祭」「いずこねこ 最後の猫トーク」などイベント企画も行う。