このエントリーをはてなブックマークに追加
クリックして拡大

大島優子にとって、AKB48卒業後初となる主演映画『ロマンス』が全国公開中だ。監督を務めたのは、『ふがいない僕は空を見た』のタナダユキ。『百万円と苦虫女』以来、7年ぶりとなるオリジナル脚本の本作は、自分の26歳の頃に感じた「ヤバい」という感情を、大島演じる26歳女性・鉢子に重ね合わせた。

「ハタチくらいなら若さで許されることも、26歳という年齢は許されなくなる。26歳当時の自分は、『若い』とは思えなくて、『ヤバい』と感じていたから。一般常識もなかったし、できないことが多過ぎて。あと、母親は26歳のとき、私の姉を生んだんです。だけど自分は、26歳で子どもを育てる自信はない。精神的に子ども。そういう焦りが『ヤバい』という気持ちに繋がっていました」

鉢子は、特急ロマンスカーのアテンダントとして毎日、東京と箱根を往復。成績優秀で、何事もソツなくこなす。だが、まさに「決められたレール」を行く人生に、どこかしっくりきていないのも事実だった。そんなある日、車内で桜庭という胡散臭い中年の映画プロデューサーと出会う。彼は、鉢子が捨てた母親からの手紙を見つけ、「この手紙の主、もしかしたら死のうとしてないかな」と勤務中の鉢子を強引に連れ出し、箱根の街で母親探しをはじめる。

桜庭を演じたのは大倉孝二。彼は、26歳という年齢が「転換期だった」と語る。「個人的には恋人にフラれたり、バイトがイヤで仕方がなかった時期。そして周りの人たちが映像作品に出演しだして、『ぼちぼち俺は、役者を諦めなければいけないのかな』と考えていた。かなり腐っていました。そんなとき、野田秀樹さんや三谷幸喜さんの舞台にお声がけいただいたり、映画『ピンポン』でアクマ役をやらせていただいたり。大きな転換期になりました」

人生で初めて道を外した鉢子。そして映画プロデューサーとして失敗続きで、道を外してきた桜庭。相性がなかなか合わないふたりだが、旅の夜、宿泊先が見つからず、渋々ラブホテルにイン。映画でラブホテルが登場する、ということは何も起きないはずはない。

タナダ監督は「桜庭も男性なので欲望はゼロではない。でも、若い女性とプライベートで長く接する機会が少なくなり、そんな中で鉢子に泣かれてしまい、混乱する。そこで彼は、過去に観た映画を思い出したんだと思うんです。『こういうシチュエーションでは、押し倒さなければいけないのではないか』と(笑)。それで、あんなことになるんです。欲望だけではない、彼自身も大いなる混乱を描いています」と、映画を観ただけでは掴めない“裏設定”を教えてくれた。

それを聞いた大倉は「それ、初めて聞きました」と大笑い。「そういうことは、理解してやろうと思っても難しいですからね。きっと、タナダ監督から説明をたくさん受けて演じていたら、くっきりとし過ぎる芝居になっていたかも知れません」

『四十九日のレシピ』『ふがいない僕は空を見た』『赤い文化住宅の初子』など、これまで親と子の関係の険しさを、生々しく描いてきたタナダ監督。親子は、どれだけ関係が崩れても、しかしどこかで「親子だから」と簡単には断ち切れない縁がある。

「(親子関係の物語を)意識して生きているわけではありませんが、でも『家族はやっかいなものだな』と思っています。例えばどんなに酷い親であっても、捨てきれない部分はきっとある。私自身も、きっと親の理想通りには育っていないので、(親からすれば)面倒くさい子だった。私自身は、今は鉢子より桜庭の方に年齢が近い。彼は、妻と離婚して、子どもと離れて暮らしている。親としての自分のふがいなさを抱いている。一方の鉢子もまた、子どもという立場だけではなく、関係が良くない母親のことも分かりかけている。私の今の年齢(40歳)だからこそ、両方の気持ちを描けたのかなと思います」

映画『ロマンス』は全国公開中
◇映画批評はこちら
◇公式HPはこちら


取材/文・写真 田辺ユウキ(映画評論家)

The following two tabs change content below.
田辺 ユウキ
田辺 ユウキ
1979年生まれ。関西を拠点に映画評論家としてレビューやインタビューの執筆ほか、また映画と音楽のプロモーターも務める。2014年に大阪市映像事業「CO2」プロデューサー就任。「大森靖子映画祭」「いずこねこ 最後の猫トーク」などイベント企画も行う。