このエントリーをはてなブックマークに追加
クリックして拡大

幸田もも子の同名人気コミックを映画化した『ヒロイン失格』(2015年9月19日公開)の公開記念イベントが先日、大阪・あべのキューズモールにて開催され、3000人もの観客が黄色い大声援をおくるなか、出演者・山﨑賢人がトークを行った。

山﨑が演じた高校生・利太は、桐谷美玲扮する幼なじみ・はとりが想いを寄せる相手。地味な女の子と交際をスタートするも、はとりのことも意識してしまう、ちょっぴり優柔不断でダメな男の子だ。

山﨑は「撮影のときも、英勉監督から『利太はカッコよくないけど、女の子の母性本能につけこむようなキャラクターにしよう』と言われていました。つかめなくて、自由で、ダメンズ。実は僕も、面倒くさがりで結構ダメ! 坂口健太郎君が演じたモテ男・弘光のように、カッコいいこともできない。ダメンズなんです」と自分にダメだし。

さらに、桐谷、坂口と一緒に受けた取材で「ふたりから『大人失格』と言われました。『クソガキだ!』と…(笑)」と、失格エピソードを披露。

また、見どころについては「桐谷さんの天真爛漫さを観て欲しい。女の子を捨てているような場面もあって、邪道ヒロインです。そんな崩れっぷりに心が揺れる男ふたり。(はとりが)どちらにいくのか、注目してください」と語った。

イベントでは大ヒットを祈願しての巨大絵馬も登場。「『ヒロイン失格』を観て笑って、泣いて、沢山の方が幸せになりますように」と思いを書きこむと、大きな拍手が巻き起こった。

映画『ヒロイン失格』は2015年9月19日より全国公開
◇映画批評はこちら
◇公式HPはこちら


取材/文・写真 田辺ユウキ(映画評論家)

The following two tabs change content below.
田辺 ユウキ
田辺 ユウキ
1979年生まれ。関西を拠点に映画評論家としてレビューやインタビューの執筆ほか、また映画と音楽のプロモーターも務める。2014年に大阪市映像事業「CO2」プロデューサー就任。「大森靖子映画祭」「いずこねこ 最後の猫トーク」などイベント企画も行う。