このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリア発、美食通信 vol.9 by 小林真子

2017-10-03

「このまま一生を終えていいのだろうか。今やっていることは、心からやりたいと思っていたことだろうか。」
このフレーズがふと頭によぎったことが誰にでも一度はあるのではないでしょうか。

フィレンツェ近郊フィエーゾレ出身のニッコロ・ラリもその一人。
「人生は一度きり。本当にやりたいことをやりたい。」
そう思い立って昨年、33歳の時にワイン造りを始めました。ブドウ栽培経験はおろか農業の知識も無い。親族に農家もおらず、完全にゼロからのスタートでした。

ニッコロはそれまで銀行や役所に勤めていました。衣料品店の販売員をしているカルロッタと結婚し、可愛い二人の子供にも恵まれました。安定した職業と幸せな家庭の両方を手に入れたニッコロ。しかし心の中にある情熱を秘めていました。

「いつもワインをつくりたいと思っていた。ワインには2500年以上の歴史があり、その長い歴史あるワイン・カルチャーに携わりたかった。」

この想いは、ソムリエ・コースを受けてから一層強まっていきました。思い切って行動に移そうと奥さんや両親に相談すると、案の定家族全員から心配されました。幼い子供が二人いるが大丈夫なのか、これまで全く経験のないワイン生産ができるのか。父親もニッコロと同じようにオフィスワーカーだったので、ワインづくりなど想像もできませんでした。

「リスクはもちろんあったけれど、事前にマーケットリサーチをして準備もしっかり行ってから挑んだ。情熱で始めたことだけど、よく働けばその分収入を得ることも可能だと思う。そして農業には未来があると信じている。」

ニッコロはファーストステップとして、ブドウ栽培の土地を探すことから始めました。


世界(world)








SAKE to
世界(world) arrow
SAKE to
北海道(hokkaido) arrow
SAKE to
探訪(search) arrow
SAKE to
映画(Move) arrow
SAKE to
本(Book) arrow
SAKE to
酒プレゼン(SP) arrow