このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリア発、美食通信 vol.11 by 小林真子

2018-04-03

“Campai e camperò!”
この連載の第6回で「乾杯」と同じ発音のイタリア語があることをお伝えしました。おさらいしますと、campaiと書き、campare(カンパーレ)=「なんとか暮らす、生き延びる」という動詞の遠過去形(大昔の動作を表す過去形)で、「なんとか暮らしていたよ!」といった意味になります。

さて、いつものようにイタリア人の友人たちと「カンパーイ」と杯を交わしたところ、一人が「カンパーイ・エ・カンペロ!」とオリジナル乾杯音頭を編み出しました。カンペロ(camperò)はcampareの未来形。発音のアクセントは「ロ」につくのですが、「なんとか暮らしてきたよ!そしてこれからも生き抜いていくよ!」というフレーズになります。

なんだか元気が湧いてくるような乾杯の音頭じゃありませんか?!4月、新しい生活のスタートにもぴったりのフレーズですから、新年度の挨拶では「カンパーイ・エ・カンペロ!」で乾杯してみていかがでしょうか。

今回は「カンパーイ・エ・カンペロ!」のフレーズにふさわしい話題です。私は普段「週刊新潮」のイタリア関連記事の仕事もしており、南イタリアのカンパーニャ州チレント地域への現地取材に同行させて頂きました。

その特集記事とは「長寿世界一のイタリア・チレント地域に学ぶ」(2月8日号&2月15日号)。チレント地域の「カンパーイ・エ・カンペロ!」を実践するご長寿たちの長生きの秘訣の取材です。

チレント地域はナポリを州都とするカンパーニャ州にあり、ナポリより南東50キロほどに位置するサレルノを県都とするサレルノ県の中・南部一帯の地域です。今回はサレルノからさらに70キロほど離れたアッチャローリ、ピオッピ、セッサ・チレントを取材しました。

チレント地域は100人に一人が百寿者といわれ、この数字は週刊新潮の記者によると日本で長生きの県といわれる島根県の10倍にもなる割合だそうです。この百寿者率の高さは世界中の研究者やジャーナリストから注目を集めるようになり、アッチャローリには世界中から取材者が訪れるとのことでした。


世界(world)








SAKE to
世界(world) arrow
SAKE to
北海道(hokkaido) arrow
SAKE to
探訪(search) arrow
SAKE to
映画(Move) arrow
SAKE to
本(Book) arrow
SAKE to
酒プレゼン(SP) arrow