容量無制限・無料で安全に大容量ファイル転送

 
宅ふぁいる便 > 連載企画TOP > SAKE TO

SP ×酒屋は如何に夢を見るか (2)道は違えど、方向は一緒。改革を遂げた大阪の名門蔵「片野桜─山野酒造」


みなさま、こんにちは、 池田です。

日本酒専門店を目指すことになった私(前回のエピソードはコチラ)、まずは扱う日本酒を探さなければなりません。もともと日本酒が好きで始めようと思った訳ですから、著名な銘柄は数多く知っていましたし、取引のある問屋さんを通じて取り寄せることもできました。

しかし、私が実家の酒屋を改革し、日本酒専門店を目指そうと志した理由のひとつは焼酎ブームとは一線を引きたいと思ったこと。そして日本酒をどんな場所で、どんな人が、どんな想いで作っているのかを伝えていきたいと思ったからでした。

山野社長と -拡大写真-

そんな時、ふと頭をよぎったのが、地元大阪の「片野桜」でした。子供の頃から目にしていたため、特別なお酒というイメージはありませんでした。その頃既に、社長とも面識はありましたがそんなに深い付き合いもなく、杜氏さんが誰かも解りませんでした。

こんなに身近にありながら何も知らない。
そもそも地酒とはその土地で古くから親しまれ飲まれているその地域に根付いた地元の酒のこと。一番身近な地元のお酒を知らなくて日本酒専門店とは言えません。
 私の地酒のスタートはここだと思いました。

あるとき思い切って、片野桜を醸している山野酒造の山野社長に電話しました。

「これから日本酒に力を入れていきたいんですが、一度お話聞かせて頂けませんか?」
そうすると、
「奥広屋さん、やっとその気になってくれましたか、ウチも特定名称酒(純米、吟醸などある一定の条件を満たした上質なお酒)に力を入れていこうと思ってるのです」との話。

 甑(こしき) -拡大写真-

その頃の山野酒造さんは、日本有数の杜氏集団である南部杜氏の理事もなさっている浅沼政司さんを迎かえ入れ、酒蔵の改革を図っている最中でした。


酒プレゼン(SP)




SAKE to
世界(world) arrow
SAKE to
北海道(hokkaido) arrow
SAKE to
探訪(search) arrow
SAKE to
映画(Move) arrow
SAKE to
本(Book) arrow
SAKE to
酒プレゼン(SP) arrow