このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅と持家。どちらの満足度が高いかを考える方法

2016-11-29

◆賃貸と持家のどちらを選ぶかの判断基準とは?

「今の家賃で一戸建てを購入しませんか?」
といった広告をたびたび目にすることがあります。

どうせ家賃を払い続けるなら、家を買ってしまった方が得だと考える人が多いからでしょう。でも、はたして本当に毎月の支払額だけで住宅の購入を決断してもいいのでしょうか。

実は賃貸住宅と持ち家のどちらが満足するかに関しては、毎月の支払額だけで判断できるものではありません。10年後、20年後、それ以降も見越し、人生設計そのものを視野に入れて考えるべきといえます。

とはいえ、毎月の支払額以外になにを判断基準とすればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は賃貸住宅と持家のどちらが向いているかを判断する基準を一つひとつ解説していきます。



◆賃貸住宅のメリット・デメリット

賃貸と持家のどちらを選ぶかの判断基準は、大きく分けて2つあります。
それは「価値観」と「総支払額」です。

価値観に関しては人それぞれです。まずは自分が感じる賃貸住宅と持家のメリット・デメリットを書き出してみることが必要です。おもなものとして以下にあげますが、そのほかにも思いつくものがあれば書き足してください。


理想の住まい






SAKE to
世界(world) arrow
SAKE to
北海道(hokkaido) arrow
SAKE to
探訪(search) arrow
SAKE to
映画(Move) arrow
SAKE to
本(Book) arrow
SAKE to
酒プレゼン(SP) arrow