保存容量UP!フォルダごと選択して簡単送信できる専用ツールも!宅ふぁいる便ビジネスプラス(有料版)
宅ふぁいる便 > 連載企画TOP > ニュース

ニュース記事検索(スペース区切りで複数ワード検索ができます)


ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月15日 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 窒化ニオブを用いた磁性ジョセフソン素子を世界で初めて実現 ~超伝導量子コンピュータの新たな基本素子として期待~ 【ポイント】 ■ 窒化ニオブを用いて、低損失で、より冷却が容易な磁性ジョセフソン素子を開発 ■ 外部から電流や磁場を加えずに、巨視的位相が自ら180°ねじれた状態を発現 ■ 開発した磁性ジョセフソン素子をデバイスに組み込むことで大幅な消費電力の削減  国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)の山下太郎主任研究員らの研究グループは、今回、世界で初めて、窒化ニオブを用いた窒化物超伝導体による新奇な磁性ジョセフソン素子の開発に成功しました。  ジョセフソン素子を用いた超伝導デバイスの動作には、外部から電流や磁場を加えて巨視的位相のねじれを発生させることが必要不可欠です。今回開発した磁性ジョセフソン素子では、巨視的位相が自らねじれた状態を実現することができるため、従来必要であった電流や磁場を大幅に削減することができ、超伝導量子コンピュータをはじめとする様々な超伝導デバイスの高性能...続く
[記事全文]

キーワード
カテゴリ 新技術・研究開発・特許
業種 通信・郵便

ニュース記事検索