保存容量UP!フォルダごと選択して簡単送信できる専用ツールも!宅ふぁいる便ビジネスプラス(有料版)
宅ふぁいる便 > 連載企画TOP > ニュース

ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年6月14日 月桂冠株式会社 6月25日は「生酒の日」 月桂冠、常温流通生酒の発売日を記念日登録 月桂冠株式会社(社長:大倉治彦、本社:京都府京都市)は、6月25日を「生酒の日」として、一般社団法人日本記念日協会に登録申請したところ、記念日に正式制定されました。折しも夏の日差しが強くなりはじめ、冷酒需要が高まる時節柄であり、この記念日を契機として、冷やして飲む生酒の楽しみ方をアピールしていきます。 この記念日登録は、1984(昭和59)年6月25日、月桂冠が業界で初めて、超精密ろ過技術の応用により常温流通が可能な生酒を発売したことにちなんでいます。生酒の常温流通により、蔵元でしか味わえなかったしぼりたての美味しさを、全国どこでも楽しめるようになったという歴史を伝えると共に、生酒の魅力をより多くの人に知ってもらうことを目的に記念日として登録したものです。 ■生酒とは 「生酒」(なまざけ)は、「火入れ」と呼ぶ60℃ほどの加熱処理を一度もしない日本酒です。しぼりたてのフレッシュな香味を楽しむ酒で、冷やして飲むのに適しています。 古来、日本酒は神祭りや客を迎えるたびに造られ、飲...続く
[記事全文]

キーワード
カテゴリ
業種 アルコール飲料