保存容量UP!フォルダごと選択して簡単送信できる専用ツールも!宅ふぁいる便ビジネスプラス(有料版)
宅ふぁいる便 > 連載企画TOP > ニュース

ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年7月11日 アーバーネットワークス株式会社 企業のセキュリティ強化にDDoS対策を ~ 一般的なセキュリティのチェックリストによる対策では不十分な時代に ~ アーバーネットワークスが2018年1月に公開した最新のセキュリティ調査結果「ワールドワイド・インフラストラクチャー・セキュリティ・レポート 第13版」は、一般企業やサービスプロバイダーのDDoS(分散型サービス拒否)攻撃対策を調査したものです。回答した一般企業のうち、82%がファイアウォールを重要なものと認識し、57%が不正侵入検知システム(IDS)および不正侵入予防システム(IPS)を導入している、と答えています。一方で、DDoSミティゲーション(攻撃緩和)システムを導入している企業は、わずか28%という結果になりました。 企業にとってファイアウォールとIDS/IPSは、セキュリティ対策の重要な武器としての役割を果たします。攻撃に対する最初の防御ラインを担い、なりすまし犯罪や産業スパイなどに対抗します。しかし、それだけではサービス拒否のような攻撃に対抗するには不十分です。実際には、ファイアウォールやIDS/IP...続く
[記事全文]

キーワード
カテゴリ 新技術・研究開発・特許
業種 コンピュータ・パソコン