保存容量UP!フォルダごと選択して簡単送信できる専用ツールも!宅ふぁいる便ビジネスプラス(有料版)
宅ふぁいる便 > 連載企画TOP > 企業ニュース

企業リリース記事検索(スペース区切りで複数ワード検索ができます)


企業リリース

近畿大学理工学部(大阪府東大阪市)理学科物理学コース准教授の笠松健一(かさまつけんいち)、同コース教授の松居哲生(まついてつお)らの研究グループは、初期宇宙の成り立ちに係わるゲージ理論※1 を解明するため、それをモデル化したゲージヒッグス模型を模擬実験(量子シミュレーション※2)する方法を世界で初めて提案しました。本件に関する論文が、平成29年(2017年)5月18日(木)、アメリカ物理学会の発行する学術雑誌“PHYSICAL REVIEW D”に掲載されました。 【本件のポイント】 ●初期宇宙の成り立ちに関係するゲージヒッグス模型を量子シミュレーションする方法を世界で初めて提案 ●理論や数値計算で語られる物理的現象を模擬実験で再現することには大きな意義がある ●この模擬実験が実現すれば、初期宇宙におけるさまざまな現象の解明につながる 【本件の概要】 宇宙の創生から初期にかけて起きた現象を模擬実験で再現し、直接観測できれば、宇宙の成り立ちを解明するうえで大きな成果となります。本研究では、初期宇宙の成り立ちに係わるゲージ理論の解明をめざし、量子物理学の分野で話題の量子シミュレーション...続く
[記事全文]

キーワード 理工学部
カテゴリ 調査・報告
業種 サービス業

企業リリース記事検索